神奈川の夕日スポット 片瀬西浜海岸の夕景写真

シェアする

こんにちは。

秋から冬にかけては空気がどんどん澄んできますね。

自分は関東に住んでから、遠方から見える富士山を写真に撮ることがあります。

今回は、神奈川県の有名な観光地から撮影した、夕日や富士山を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




江ノ島海岸(片瀬西浜海岸)

2016年頃から、よく湘南の方に出かけるようになりました。

それは、ハワイ旅行に行った事もあり、サーファーのいる景色に憧れたからです。

そしてさらに思い返せば…。

2014年には既に、α77Ⅱ+SAL70400G2で江ノ島と富士山を絡めた写真を撮影していました。

そう考えると、関東に来てからよく撮影に行くエリアだったんですね。

話は本題に入り、江ノ島と言えば鎌倉に並び神奈川県で最も人の訪れる観光地です。

自分も江ノ島へ行く際は、鎌倉観光を兼ねる事が多いです。

そんな江ノ島ですが、江ノ島電鉄沿いから江ノ島の北側まで、ずっとビーチが続いています。

実際に江ノ島海水浴場なんて物はなく、この海岸を総称して江ノ島海岸と言うそうです。

昔は稲村ヶ崎で下車して江ノ島と富士山を撮影しましたが、今回紹介するのは別の場所。

それは江ノ島のすぐ脇にある海水浴場、片瀬西浜海岸で撮影した夕景写真です。

この辺り一体では、高確率で富士山を見る事ができます。

江ノ島海岸の夕景写真

訪れたのは2018年の1月下旬。

鎌倉観光の後、空気が澄んでいたため富士山のシルエットを期待して江ノ島へ。

冬季は日の入りが早く、比較的早い時間帯にマジックアワーを楽しめるのも嬉しいポイント。

日没前に江ノ島から鵠沼海岸方面へ歩き、日没後江ノ島方面に戻ってくるコースです。

江ノ島海岸の夕日

α7Ⅱ+SAL2470Z 35mm f8 ss1/320 iso100

息を呑む絶景ですね。週末であり海岸にはそれなりに人がいました。

しかし、なんとなく時間がゆっくり流れ、居心地がよく、撮影がはかどりました。

α7Ⅱ+SAL2470Z 35mm f8 ss1/320 iso100

α7Ⅱ+SEL70200GM 82mm f8 ss1/400 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 70mm f5.6 ss1/80 iso100

江ノ島海岸のサーファー

ここではSEL70200GMで撮影したサーファーの写真を紹介します。

α7Ⅱ+SEL70200GM 200mm f5.6 ss1/250 iso200

α7Ⅱ+SEL70200GM 200mm f5.6 ss1/250 iso250

α7Ⅱ+SEL70200GM 200mm f5.6 ss1/250 iso320

江ノ島海岸のマジックアワー

日が沈みだいぶ暗くなった頃、江ノ島方面へ戻りました。

富士山のシルエットはよりいっそう濃くなり、江ノ島の灯りが灯り始めます。

全て手持ち撮影の為、iso上限設定を400にし、手ブレに注意して撮影します。

α7Ⅱ+SAL2470Z 70mm f8 ss1/20 iso400

α7Ⅱ+SAL2470Z 24mm f8 ss1/10 iso400

α7Ⅱ+SAL2470Z 40mm f8 ss1/4 iso400

手持ちの限界値が近づいてきますが、このくらいでは全く手ブレを起こしません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この日は真冬らしい気候であり、わずかに雲がある程度で遠くまで澄み切っていました。

雲がある方が絵になるといいますが、本当にカラッと晴れた江ノ島海岸は物凄く綺麗でした。

アクセスについて

江ノ島電鉄江ノ島または片瀬江ノ島駅から徒歩で行けます。

江ノ島へ渡らずに西側の海岸へ下ると、片瀬西海岸→鵠沼海岸と続きます。

周辺環境について

トイレは勿論、飲食店やコンビニ、水族館があり、観光客やデート客で年中賑わっています。

また、海岸ではカメラ女子や犬の散歩をする方もけっこう見かけます。

撮影者がいるのが日常的で、カメラを持って海岸を歩いていても、そんなに怪しまれません。

撮影ポイントについて

半年間で三度ほど鵠沼海岸を訪れました。9月と1月の日中、そして今回の1月の夕方です。

やはりオススメは秋~冬の夕方であり、条件がいいと息を呑む絶景に巡り会えます。

次に行く機会があれば、早朝の白富士と絡めたり、雲の表情があるときがいいですね。

基本情報

住所:〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜

アクセス:

小田急片瀬江ノ島駅から徒歩で2分

江ノ電江ノ島駅から徒歩で5分

湘南モノレール 湘南江の島駅から徒歩で7分