新潟の紅葉名所 裏巻機渓谷-割石沢の紅葉写真

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは、新潟県にある紅葉スポットの写真になります。

場所の名称は裏巻機渓谷(うらまきはらけいこく)。

ここはあまり知られていない絶景の穴場と言えます。

と言うのは、写真スポットと言うよりはトレッキングコースの方が有名だからです。

訪れた日はあいにくの曇り空でしたが、紅葉はまさに最盛期でした。

実際に行ってみると想像以上に綺麗だったので、記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




新潟県の裏巻機渓谷

裏巻機渓谷は魚野川の支流、五十沢川に沿った位置にあります。

ここにはトレッキングコースがあり、渓谷の景観や様々な滝景色が見られます。

自分が訪れたのは今回が初めてでした。

印象としては、地元長野の秋山郷と似た景色が広がっています。

裏巻機渓谷の写真

今回は裏巻機渓谷のトレッキングコースの入口付近までしか行きませんでした。

それがトレッキングコース最初の名所である割石沢(わりいしざわ)付近です。

割石沢はトレッキング開始ポイントの管理棟から、たった7分で行けちゃいます。

ちなみに、コース全てを回ると往復で2時間以上かかるそうです。

α7Ⅱ+SAL2470Z 24mm f8 ss1/15 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 40mm f8 ss1/20 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 40mm f8 ss1/20 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 35mm f8 ss1/10 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 24mm f8 ss1/6 iso100

α7Ⅱ+SAL2470Z 24mm f8 ss1/8 iso100

まとめ

いかがだったでしょうか。

曇り空と日が傾いた頃と言う事もあり、シャッタースピードがかなり遅いです。

全て手持ち撮影でしたが、αの5軸手ぶれ補正のおかげで手ぶれせず撮影ができました。

割石沢の滝と周囲の岩肌、そして最盛期の紅葉した木々とのコラボがまさに絶景でした。

そして、割石沢から見た山々の渓谷が、まるで吸い込まれるような素晴らしい景色でした。

次回来る機会があったら、快晴の下でこの景色をみたいですね。

周辺環境とアクセスについて

管理棟からこんな感じの細い山道を歩くことになります。

特に雨上がりなどは道がぬかるんでいるので注意が必要です。

また、進むと急な山道や岩場、岩を飛び移りながら滝の沢を通過する場所があります。

カメラ機材を運ぶ際はやや注意が必要です。

ちなみに、紅葉最盛期の週末でも人はほとんどいませんでした。

基本情報

【所在地】新潟県 南魚沼市 永松

【アクセス】

車の場合、関越自動車道六日町ICから車で約30分

電車の場合、JR上越線六日町駅へ。その後バスなしの為、タクシーで約30分

【駐車場】天竺の里、管理棟前に20台

※天竺の里、管理棟とも平成29年11月30日をもって閉鎖

【利用料金】環境保全協力費 大人300円、子ども200円

【関連ページ】新潟県:【南魚沼・湯沢の魅力】裏巻機渓谷

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする