コブクロ ライブ「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB”」長野公演 に行ってきた!

シェアする

こんにちは。

先日長野県の長野市にあるホクト文化ホールで行われたコブクロライブに行ってきました。

長野で行われたライブの日にちが3月20日(平)と3月21日(祝)。

自分は後半の21日に行ったのですが、取得した連休は21日~22日。

コブクロライブが地元で行われると言う事で実家に帰る訳ですが、カメラ機材を持っていこうか非常に迷いました。

晴れれば冬の戸隠鏡池にスノーシューを履いて行ってみようかな。はたまた凍る高山村の雷滝へ軽アイゼンを履いて写真撮影に行こうかな…。しかし、事前の天気予報が微妙だった為結局未計画。

そんな中、SNSでこんな情報が飛び交いました。

ライブの最後に小渕さんが写真撮影・動画撮影の許可をくれた!

SNSって本当に凄いですね。情報の拡散が物凄く速いです。実際にこのライブで撮影された画像、Googleで検索するよりインスタグラムで検索した方が沢山でてきます。

と言う事で、カメラを持って帰省する事にしました。

※ 公演では撮影機材の限定はしていませんでした。実際にインスタグラムに投稿されたファンの方の動画の中には、デジタル一眼レフを頭上高くに掲げて撮影している方もちらほら…。

一応今回は自分が館内を何で撮影したかはあえて書きませんのでご了承下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コブクロ 20TH TOUR 2019 “ATB”について

今回行われたコブクロライブについて軽く説明します。

コブクロライブ名は「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB”」であり、自分は今回の全国ツアーの一箇所目である長野公演に行ってきました。

2018年の9月でコブクロ結成20周年を迎えました。

今回の全国ツアーでは、コブクロが20年間積み上げてきたものや、今の思いをファンの皆さんに届けたいと言う気持ちが込められているそうです。

その為、結成した当時の古い曲や、最近作られた新曲まで幅広く聞くことができました。

コブクロライブに行ったきっかけ

そもそも自分は芸能人や俳優、女優、アイドルには全く興味がない人間です。

大学時代に男友達から、AKBで誰が好き? と聞かれて、誰ひとり知らなかったくらい。

また、j-popは時々聞くものの、ライブにまで行って聞きたいとは思いませんでした。

そんな中、振り返れば高校最後の学祭で歌った曲がコブクロの永久にともにでした(苦笑)。

その頃には超有名作蕾(つぼみ)がレコード大賞をとりましたね。

蕾が主題歌になったドラマ(僕とおかあと時々おとん…でしたっけ?)も見ていました。

この頃から母親がコブクロのファンになり、自分もコブクロの曲を聴くようになりました。

実家を離れ県外へ大学進学した時も、常にコブクロの曲を聞き、色々励まされました。

特に轍(わだち)なんかはいい曲ですね。

と言う事もあり、今回運良くチケットが取れた為、行くことになったのです。しかも地元!

コブクロ“ATB”ツアートラックの写真

コブクロライブの写真と言っても、ほとんどがこのツアートラックの写真になります。

ツアートラックは二台並んでおり、色が微妙に異なりました。

手前にはコブクロのお二人が書いたと思われるメッセージがあり、記念写真を撮る行列ができていまいた。

ツアートラックの外観

α7RⅡ+SEL24105G 24mm f8 ss1/1000 iso100

α7RⅡ+SEL24105G 24mm f8 ss1/320 iso100

α7RⅡ+SEL24105G 24mm f8 ss1/640 iso100

5296のナンバープレート

α7RⅡ+SEL24105G 50mm f8 ss1/160 iso100

α7RⅡ+SEL24105G 70mm f8 ss1/100 iso100

α7RⅡ+SEL24105G 35mm f8 ss1/60 iso100

コブクロからのメッセージ

α7RⅡ+SEL24105G 40mm f8 ss1/640 iso100

リフレクション

α7RⅡ+SEL24105G 24mm f8 ss1/500 iso100

雨上がりと言う事もあり、近くに水たまりができていました。

ツアートラックをリフレクションさせて撮影したのですが、こんな撮り方をしている人は自分以外に誰ひとりいませんでした。

スマホで記念撮影を行うファンが圧倒的に多い中、写真撮影が趣味の人間が一眼を持ち出しライブ会場に行くと、こう言う自体になりますヽ(´▽`)/。

コブクロ“ATB”ライブ会場の写真

ライブ会場での撮影は一般的には禁止されています。

また、通常では事前に荷物検査があり、撮影機材の持ち込みもできないと言われています。

しかし、公演終わりに撮影許可が下りた事を、前日ライブに参加された方のSNS拡散により知る事ができた為、撮影の準備をしておきました。勿論、SNS等への投稿も許可されています。

文化ホールは2階席でもこんなによく見えます。

ライブ中は観客全員が立ちますが、立たない方がステージはよく見えました。

生で見るコブクロの小渕さんと黒田さん。超有名人と同じ部屋にいるって不思議ですね。。。

まとめ

今回はコブクロライブに行って来たというお話でした。

桜やここにしか咲かない花、轍、蕾など、超有名な曲を生で聴くことができました。

ライブへ行ってみて、実際に生で行く蕾(つぼみ)は本当に素晴らしかったですし、お二人のトーク力も凄く(善光寺等長野のネタも多く)、とても楽しい時間を過ごす事ができました。

ライブ自体は3時間でしたが、過ぎてみるとあっという間ですね。

気が付けばグッズを12000円分も買ってしまいましたし、これチケット代より高いです。

(と言うかパンフレット3000円とかぼったくりですよ。。。)

ちなみに、選曲はツアーの日により異なるらしく、ここにしか咲かない花 なんかは前日は歌わなかったそうです。

桜が咲き進む最近思うのですが、四季の風景写真(写真で言うトレンド)ばかりを必死に追いかけるのは、正直カメラに振り回されている感があります。また、インスタグラムで同じような写真がズラリと並んでいるのを見るとうんざりする事もあります。

これで撮影自体をやめる事もある今日この頃(亀岩の洞窟しかり)…。

たまにはこう言った日常の楽しみと写真撮影を絡めるのも、新鮮でいいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする