長野の紅葉スポット 戸隠鏡池の紅葉を撮影

シェアする

こんにちは。

最近は過去の写真を見る事が多く、思い出に浸っていました。

先日に夏の戸隠鏡池の記事を書いたのですが、ふと昔に撮影した戸隠鏡池を思い出しました。

自分が初めてデジタル一眼レフであるニコンのD90を手にした大学生時代。

その秋に撮影しに行った戸隠鏡池、忘れられない撮影であった為、今回記事に残します。

写真は全てjpeg撮って出しオートで撮影した物です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




絶景の風景を求めて戸隠の鏡池を訪れた

デジタルカメラを手にしたのはまだ中学生の頃でした。

そうなると2004年とかになるのでしょうか。当時手にしたのはオリンパスのデジタルカメラ。

でも実は、それよりもずっと前から戸隠の鏡池には何度も訪れていました。

それは、両親がドライブ好きであり、自分たち兄弟をよく連れて行ってくれたのです。

そのおかげで自然が好きであり、風景写真が好きになったとも言えます。

そんなこんなで戸隠の鏡池は何度も撮影しに行った訳ですが、ピークは2010年の大学時代。

初めて手にしたD90と安い一脚を抱え、戸隠鏡池に向かいました。

到着したのは戸隠連峰のモルゲンロートが始まる前。

しかし、あまりの人の多さに圧倒される状況でした。

まずは駐車場が入れない状態。朝の6時なのに信じられません。

父親が、「お前は先に下りて撮影に行っていいよ」と言ってくれたのを覚えています。

思い返せば今年の新道峠で撮影した時も、運転手の弟が同じ事を言ってくれました。

自分の撮影目的の為に、今までいろいろな人に手を借りていた訳ですね。

マイカー規制前の鏡池の混雑状況

Nikon D90 DX NIKKOR 18-105mm VR 18mm f6.3 ss1/15 iso560

こちらが当時の鏡池前の堤防です。メインの景色が見える正面は入る隙間がありません。

手前まで人が並んでいますが、手前は水位を測る人工物が入るため、条件が悪いのです。

また、鏡池東側を見てみましょう。

Nikon D90 DX NIKKOR 18-105mm VR 18mm f6.3 ss1/15 iso450

こちらも三脚でいっぱいです。隙間のある場所は、茂みのある条件の悪い場所。

ましてや安い一脚しか持っていない自分は、入る隙がありませんでした。

勿論ですが、観光客は一人もいません。全て写真撮影を目的にした人たちです。

JR東日本が宣伝を行ったのがきっかけで、こうなってしまったそうです。

撮影地での出来事

この後、写真撮影の世界をほとんど知らない自分は、隙間がないかを探しました。

すると、三脚と三脚の間に、詰めてもらえば入れそうなスペースが多々ありました。

そこで、少し詰めて撮影をさせてもらえないか、声をかけてみました。

すると「ここは俺が場所を取っていたんだ」と怒鳴られました。

60~70歳位のおじいさんと言う感じの男性の方でした。

この時自分は初めて知りました。

「写真撮影の世界では、いかに早起きし努力して場所を取った者が優先的」と言う事を。

あまりのショックにその場を離れた。

こんな年配のおじいさんが、まだ勉強中の学生の自分にかけた言葉がこれなのかと。。。

本当にいい勉強になりましたよ。

そんななか、中にはこんな方もいました。

「僕、早く撮影しないといい瞬間が過ぎちゃうよ。ここ入っていいから…。」

社会人らしい比較的若い男性の方が声をかけてくれました。

この体験、今後撮影地で取る自分の行動にも大きく影響する出来事でした。

まあ、そんなこんなで撮影に踏み込むことが出来た訳です。

ここからが写真の紹介になります。

戸隠の鏡池で撮影した写真

朝霧の戸隠鏡池

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 32mm f6.3 ss1/20 iso400

Nikon D90 DX NIKKOR 18-105mm VR 85mm f6.3 ss1/15 iso800

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm f6.3 ss1/20 iso400

戸隠連峰のモルゲンロート

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 21mm f7.1 ss1/40 iso400

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 28mm f8 ss1/60 iso400

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 38mm f8 ss1/50 iso400

朝焼けに燃える戸隠鏡池

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 22mm f8 ss1/60 iso250

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm f8 ss1/60 iso250

撮影後の帰路

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm f8 ss1/60 iso250

日も高く昇り、ちらほら人が帰り始めた頃の堤防です。

それでもまだこんなに人が並んでいます。自分はこのくらいで引き上げました。

時期にマイカー規制も始まりますからね。

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR 18mm f8 ss1/60 iso400

駐車場に向かう途中では、白樺など落葉広葉樹の紅葉景色が広がっていました。

これだけでも絶景ですね。

まとめ

この時の写真撮影は、今でも忘れられません。

東京に住んでからは、徹夜で星撮影とかをやっていますが、戸隠鏡池は山中です。

早朝6時で満員状態であれば、5時前に到着しないとベストポイントは確保できません。

これが10年近くも前と考えると、ここ最近はもっと混雑している事が予想できます。

恐らく、ここに同じ条件を狙って撮影に行く事は二度とないかな…。

そんな思い出深い体験ができた撮影日でした。

あと、2008年に発売されたaps-cセンサーのD90のjpeg撮って出し、十分に綺麗ですね。

本日ニコンからフルサイズミラーレスが発売されました。

時代の流れと技術の進歩を感じますね。

元々ニコンは好きなので、ニコンのミラーレスの発展次第では、将来の乗り換えも検討です。

いずれにせよ、写真撮影は本当に楽しいですね。

それではまた。

基本情報

・所在地:長野市戸隠

・アクセス:戸隠キャンプ方面。長野駅から一時間程度。

長野駅前からバスも出ており、片道一時間程で到着します。

アクセス情報も含めて、いいサイトがありました。

・公式ホームページ:信州・戸隠 鏡池ギャラリー&カフェどんぐりハウス

さわやか信州旅.net

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする