【2024年版】三脚撮影を快適にするおすすめのストーンバッグを紹介!

シェアする

こんにちは。

今回は、三脚撮影の際に必需品となるおすすめのストーンバッグのお話です。今頃かよ!と言うツッコミはご遠慮下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




三脚撮影の必需品!ストーンバッグ

カメラや写真撮影歴20年を超える自分が、いよいよストーンバッグと言うアクセサリーの必要性を感じました。ストーンバッグの存在は10年以上前から認知していたのですが、正直国内程度の星空撮影では、山岳星景時(サブ三脚)を含めても必要性を感じませんでした。

きっかけは、やはり南半球などの海外での連夜かつ長時間での星空撮影です。自分は今回、ニュージーランドで五連夜連続でインターバル撮影を取り入れた星空撮影を行いました。これは、国内での単発的な星空撮影では経験の無いスタイル。

こうなってくると、モバイルバッテリーと結露防止ヒーターだけでなく、頻回に場所の移動や撮影作業が入ってきます。そう、通常は重量を増やし手ぶれを抑えるために使われるストーンバッグですが、自分の場合は作業場や道具の管理として必要性を感じました。

この写真を見て頂くと、星空撮影のイメージが伝わりやすいですね。

今までは、モバイルバッテリーを小さな巾着に入れ、自由雲台の調整つまみに引っ掛けて運用していました。国内の星空撮影のように、一晩一箇所の撮影ならストーンバッグなど不要であり、華奢(きゃしゃ)なサブ三脚やミニ三脚でも、山岳星景写真等で問題無く撮影が可能でした。ただ、海外での連夜となると、急遽場所の変更が必要になったり、カメラシステムの整理が複雑で三脚前での作業回数も別次元。特に細かな移動時にいちいち二本のケーブルを抜くわけには行かず、急いでぶらぶらさせながら持ち運びます。

その結果、高価なPDタイプのType-C×Type-Cケーブルを現地で紛失してしまいました。

USB×Type-Cは複数本所有しているのですが、高価なPDタイプは一本のみ。そこで、これからはストーンバッグを装着し、落下の防止や安定性を上げる必要性があると感じました。

おすすめのストーンバッグを紹介

選び方

ストーンバッグの選び方での注意点をまとめます。

  • ご自身の三脚のパイプ径に合っているか
  • 構造と機能:耐荷重・取付方法・フックやポケットの有無
  • 素材:ここが重要で下で最適解を紹介!

もうこの3点だけを自分の撮影スタイルと照らし合わせて確認するだけです。

レオフォトのストーンバッグ

自分が最初に目をつけたのが三脚メーカーのレオフォト。

もはや定評のある人気メーカーであり、持っていてもカッコいいです。こちらは、自分が購入する上での第一候補でした。一言で言うと、スタンダードなストーンバッグです。

JJCはポケットあり

アクセサリーメーカーで最近よく聞くのがJJC。

自分はガラス反射防止フードがJJC製の物を使用しています。こちらはのストーンバッグは、ポケットが内蔵してある為、スマホやレンズキャップ等のアクセサリーの収納に優れています。

三室に部屋が分かれている物も多数

最も多く出されているのが、三室構造のストーンバッグ

恐らく、作業台という点ではこちらがベストなんでしょうね。ただ、メーカーやブランドは、どれも聞いた事のない場所が多く、有名なメーカーで出して欲しいところ。

最適解はKANIのメッシュ素材だ!

先ほどレオフォトが第一候補と言いましたが、先日知人にアドバイスを貰いました。

すると、強風時に揺れが強まる事を防ぐ為、メッシュ素材がおすすめとの事。特にフィルターで有名なメーカーKANIから、そのまま折りたたんで持ち運べるメッシュ素材のストーンバッグが販売されています。

価格帯も2,000台と特別高い訳でも無いので、自分はこちらをポチる予定です。

まとめ

今回は、三脚撮影に是非用意しておきたいストーンバッグを紹介しました。

デザイン性はレオフォト、機能的には三室構造、環境考慮ではメッシュ素材なんですよね。つまり、天候や目的に合わせて使い分けられるよう、複数持っておくのがいいのかも。

もうすぐ夏のボーナス!ポチっちゃいましょう!!

※とここでちょっとしたオチの話。

何故ストーンバッグに目をつけたのか。

実は、撮影地で欲しくなった訳ではありません。実は、去年にビックカメラのポイントが2,700円ほど貯まりました。ネットやヨドバシカメラ派の自分は、普段は利用しないビックカメラ。確か、友人と3人で北アルプスに登る直前。川崎集合時に急遽ザックのベルトにカメラを装着するアダプターが必要になり、立ち寄ったのがビックカメラ。

そこで友人も欲しいとなり、建て替えを含め二人分をクレジットカード決済しました。その合計金額が27,000円で、10%のポイント付与。この2,700円が、2年後に失効。

先日に、新宿西口のヨドバシカメラに行くと、レオフォトのストーンバッグが2,700円で販売されていました。これはちょうどいい!と思い、隣のビックカメラに行くと、なんとビックカメラは取り扱い無し。更に、ネットのビックカメラにも取り扱い無し!

ヨドバシカメラにはあるのに、なんでビックカメラには無いんや!!

と言う事で、どうせネットで買うならKANIのメッシュのにしよう!

そうこれが現実的なオチです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連サイト

シェアする

フォローする