山梨の星空スポット 富士五湖の 精進湖 にて星景写真を撮影

シェアする

こんにちは。

1月の上旬に行く富士五湖星空撮影の記事の続きになります。

今回は富士五湖の星空スポットでは一番有名だと思われる 精進湖 で撮影した星空です。

★ 山梨の星空スポット 富士五湖 へ 星空撮影 に行ってきました。 ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




富士五湖の 精進湖 と星空について

富士五湖の中でも最も小さな湖である精進湖ですが、ここは関東甲信地域の中でも最も定番の星空スポットと言えます。

精進湖の星空と言えば夏の天の川と富士山を絡めた写真が有名であり、関東近辺で星空を追いかけている方は、一度は撮影した事があるのではないでしょうか。

前回の記事では富士山に対しておおよそ11時の方角に西湖あると書きましたが、精進湖の場所はさらに西側になるため、おおよそ10時の方角に位置しています。

そう考えると、確かに夏の天の川が斜めに立ち昇り始めた頃がベストだと理解できますよね。

今回訪れた精進湖は1月上旬であり、さらに西湖と山中湖での星空撮影のついでに寄った感じなので、オリオンと絡めた写真も上手く撮れていません。

ただ、ベストな日時でなくても、その時ある景色をいかに綺麗に撮るかは腕試しになりますし、写真撮影を楽しむひとつの醍醐味でもあります。

では早速行きましょう。

富士五湖の 精進湖 で撮影した写真

精進湖に到着したのはオリオンが南中した深夜11時頃。

この頃には富士山の上空に雲が発生し始め、星空撮影の条件としてはいまいちと言ったところです。また、気温もかなり下がり始めていたので、車から降りた瞬間は寒く感じました。

SEL1635GMで撮る精進湖の星空

一枚目は定番の構図をソフトフィルターを使用して撮影。初めて撮影したのに見慣れた感…。

二枚目は南中したオリオンを無理やり絡めて撮影。冬の天の川がくっきり見えます。

三枚目は35mmで富士山まで寄ってみました。これが一番しっくり来たかな(´・ω・`)。

α7RⅡ+SEL1635GM 16mm f2.8 ss15 iso2500

α7RⅡ+SEL1635GM 16mm f2.8 ss15 iso3200

α7RⅡ+SEL1635GM 35mm f2.8 ss10 iso3200

SEL70200GMで撮る精進湖の星空

友人が愛車を入れてパシャパシャ写真を撮っていたので、自分も望遠レンズ、SEL70200GMで富士山を撮影してみました。ちょうど富士山のふもとに雲が発生し、いい感じに。

α7SⅡ+SEL70200GM 70mm f2.8 ss5 iso5000

昼間に撮影した精進湖の写真

ここでは、2017年の2月上旬の朝に撮影した精進湖の写真を紹介します。

この日はめちゃくちゃ寒かったですが、白富士と太陽がとても綺麗でした。精進湖だけ撮ってもつまらないので、湖畔に置いてあるカヌーを入れて撮影。

α7Ⅱ+SAL1635Z 16mm f8 ss1/640 iso100

まとめ

富士五湖の星空スポットで最も精進湖、いかがだったでしょうか。

いつか夏の天の川と絡めたいと思っていましたが、意外と光害が多く、ネット上にたくさん作例が転がっているためか、足を運ばずじまい…。

今回はついでだったのと、星空としては時期外れ!? でしたが、実際にいろいろ構図を変えて撮影してみると面白く、春から初夏の天の川の時期にも来てみたくなりました。

精進湖 へのアクセスについて

今回は西湖で星空を撮影した後のついでに立ち寄りました。車の場合、中央道河口湖ICから最古が約25分なので、精進湖は40分程でしょうか。

位置関係で言うと、富士山を軸に10時から11時の方角に沿って時計回りに、本栖湖→精進湖→西湖と位置しています。

夜のアクセスでは真っ暗でどこへ向かえば良いか分かりにくいですが、精進湖の北西側にはホテルや民宿があり明るくなっています。ホテルや民宿が周遊道路を挟んで山際にあるのですが、その正面付近の精進湖の湖畔がキャンプ場になっています。このシャンプ場が撮影ポイントとなります。迷った場合、窓を開けて東の方角を見ると、ちょうど両側の山が開けた中央に富士山が来るポイントがあるので大丈夫です。新月近くの夜でも富士山は大きいので、肉眼でも十分に確認ができます。

バスの場合、富士急行線河口湖駅から42分だそうです。

精進湖 の撮影環境について

西湖と同様に細かい砂利の広がる湖畔での撮影となります。また、西湖とは違って湖畔自体がかなり広いため、天の川+週末や、流星+週末と言う条件が重ならなければ、場所取りには困らないのではと思います。これは勝手な想像なので、普通にGMなどで条件が合えば場所取りに困るのかもしれませんが…。

ちなみに自分が行った時は、1月上旬・新月近く・快晴・平日・深夜23時で、自分たち以外の撮影者はひと組くらいでした。オリオンと絡められる時刻はもっと多かったのかも…。

自分は利用しなかったので未確認ですが、インターネットの情報ではトイレ完備とあります。

精進湖 の撮影ポイントについて

やはり東の空に天の川やオリオンが昇った頃が適期でしょう。

ざっくり、天の川の場合は春は未明、初夏は0時前後、夏は日没後と言った感じ。

1月の場合、23時でオリオンは彼方に移動しているので、20時頃でしょうね。

また、湖畔に対して右側(西)に寄ると山の影に隠れるので、場所取りが必要な程混雑する場合は湖畔に対して左側(東)に三脚を立てた方がいいですね。

基本情報

・所在地:山梨県 南都留郡 富士河口湖町精進

・アクセス:精進湖観光情報サイト – 精進湖観光協会

車の場合、中央道河口湖ICから約40分

バスの場合、富士急行線 河口湖駅 からバスで42分。

・詳細で確実な情報は:精進湖富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする