茨城の星空スポット 神磯の鳥居で天の川を撮る

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは、茨城県大洗にある有名な星空スポットです。

場所は大洗海岸にある磯前神社の近く「神磯の鳥居」です。

海に浮かぶ鳥居で有名な場所であり、今回もα7Ⅱとα7SⅡで撮影に行って来ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




茨城県大洗にある神磯の鳥居について

茨城県の大洗町の海岸沿いにある磯前神社。

そこから海岸へ降りると、海中の岩場の上に鳥居が立っています。

満潮の頃は荒波が岩に当たって砕け、辺りには激しい波音が鳴り響きます。

そんな海の上の岩場に立つ神磯の鳥居。

海の上に立つ鳥居と言うだけあって、ちょっと現実離れした景色になっています。

そして鳥居の方角が真東である事から、有名な日の出スポットとして知られています。

真東を向いていると言う事は、勿論天の川が見られる訳です。

神磯の鳥居で撮影した天の川の写真

α7Ⅱ+Samyang14mmf2.8で撮る天の川

α7Ⅱ+Samyang14mmf2.8 14mm f2.8 ss20 iso3200

α7Ⅱ+Samyang14mmf2.8 14mm f2.8 ss20 iso3200

α7SⅡ+SAL1635Zで撮る天の川

α7SⅡ+SAL1635Z 28mm f2.8 ss10 iso6400

α7SⅡ+SAL1635Z+ソフトフィルター 35mm f2.8 ss10 iso6400

神磯の鳥居と天の川と流れ星

α7SⅡ+SAL1635Z 20mm f2.8 ss20 iso3200

神磯の鳥居とブルーアワー

α7SⅡ+SAL1635Z 16mm f2.8 ss13 iso3200

α7SⅡ+SAL1635Z 24mm f8 ss20 iso200

神磯の鳥居と月の出(5月)

α7Ⅱ+SEL1635Z 35mm f4 ss20 iso3200

まとめ

アクセスについて

公共交通機関の場合、JR水戸駅から大洗町へバスが出ています。大洗磯前神社で下車します。

大洗磯前神社周辺にはホテルや民宿があるので、宿を拠点に撮影するのもオススメです。

自分は一度目には日野治旅館に宿泊しましたが、凄く良かったですよ。

また、二度目に行った時は、都内からJR鈍行終電で水戸駅へ行きました。

そこから漫画喫茶で時間を潰し、深夜2時前にタクシー大洗町まで行きました。

深夜料金であり5000円以上しましたが、その日宿が取れなかったので仕方ありません。

車の場合、北関東道水戸大洗ICよりR51経由、大洗方面へ20分だそうです。

海岸沿いの道を走ると、大洗磯前神社の大きな鳥居や宿街があるので、すぐに分かります。

周辺環境と撮影の注意点について

大洗磯前神社の鳥居のあるメインの宿街から海岸は目の前です。

宿の間にも細い路地があるので、どこからでも海岸に出られます。

撮影は海岸沿いになるので、三脚が横並びになります。

撮影の足場は海岸に下りて撮影するパターンと、堤防の上から撮影するパターンがあります。

堤防の上は平らなコンクリートになっており、数十台の三脚が並べます。

海岸に下りると石がゴツゴツしており、足場が悪く暗いためかなり危険です。

また波も荒いので、下から撮影する場合は注意が必要です。

※鳥居の岩場に上って転落死する事故が相次いでいるので、岩場には上らないで下さい。

大洗町も上記の注意を呼びかけています。

混雑状況に関しては、平日でもそれなりに三脚が並びます。おそらく10台は軽く超えます。

つまり、春の週末はもっと混雑すると思った方が良いでしょう。

神磯の鳥居と天の川の撮影のポイント

真東を向いているため、ほとんどの方は超広角レンズで撮影します。

南方向にはそれなりに光害があるため、天の川が垂直になると絵になりません。

その為、天の川が低く水平線が霞まない2月から3月が撮影のベストな時期になります。

ただ、みんな同じ絵になるので、自分はα7SⅡで35mmで切り撮りました。

ソフトフィルターを使って神磯の鳥居に寄った写真が一番のお気に入りです。

ブルーアワーと天の川を絡める意味でも、やはり春がオススメですね。

基本情報

住所:〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町

アクセス:

公共交通機関の場合、JR水戸駅からバスで大洗磯町神社前へ

車の場合、北関東道水戸大洗ICよりR51経由、大洗方面へ20分