東京スナップ写真 α7SⅡ+オールドレンズで撮る夜の吉祥寺-2019.1/13

シェアする

こんにちは。

昨日に、久しぶりに夜の吉祥寺をスナップ撮影してきました。

機材はα7SⅡ+オールドニッコールレンズの Ai Nikkor 50mm F1.4 です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




夜の吉祥寺でスナップ撮影

吉祥寺は自宅から近く、街が綺麗なのでよくスナップ撮影をしに来ます。

最近 Ai Nikkor 50mm F1.4 を持ち出していなかった為、2019年の初出勤にしました。

カメラは風景写真ではない為、低画素のα7SⅡです。

テーマは、取り合えず冬なので、冬らしい写真を撮る事です。

とは言っても、雪景色とかではない為、イルミネーションを借りて雰囲気を出したりします。

吉祥寺で撮影した写真

オールドレンズと言えば、低コントラストや古い設計での周辺減光などがあります。

スナップ写真撮影の記事ではjpeg撮って出しに拘る予定でしたが、自分の中での吉祥寺のイメージにならなかったので、RAW現像してしまいました。

本当は、クリエイティブスタイルを利用するといいんでしょうね。

あとは、開放f1.4に拘って撮影しました。

吉祥寺の駅ビル アトレ吉祥寺 にて

吉祥寺の街は本当にお洒落です。

まずは改札をでたところにあるコスメショップのロゴをパシャリ。

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/1000 iso100

吉祥寺 北口の街角 にて

今回は北口のバス通りを歩いただけです。

自分はスポーツ自転車のドロップハンドルが好きでよく撮るのですが、吉祥寺にはこう言う自転車がよく地球ロックで路駐しています。

二枚目はイルミネーションの玉ボケを使って撮影。街を歩く女性が玉ボケに入る瞬間を狙いました。

オールドレンズって、現行のレンズみたいに玉ねぎボケ・年輪ボケが本当にないんですね。これには感動しました。確か現行のレンズは解像度を追求する為に、なんちゃらって言うレンズを使っているから、玉ねぎボケなどが発生するんですよね。

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/15 iso100

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/80 iso100

吉祥寺行きつけの チョコレート屋さん にて

吉祥寺ンはお菓子屋さんが沢山あります。

駅から少し離れた路地に、人気のチョコレート屋さんがあります。決して安くはないですが、とても美味しいです。特にこのマール・ド・シャンパーニョがオススメ。

この日はチョコレートだけで2500円分も買ってしまいました。

勿論、撮影許可を頂いてからパシャリ。キラキラしていて非常にいい被写体となりました。

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/160 iso100

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/160 iso100

吉祥寺行きつけの ラーメン屋さん にて

最後はラーメンを食べて帰ります。後ろの座席の大家族がうるさかったですが、寒い冬に食べるラーメンはとても美味しかったです。

α7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4 50mm f1.4 ss1/125 iso100

まとめ

自分の中でのスナップ写真撮影専用カメラシステム。それがα7SⅡ+Ai Nikkor 50mm F1.4。

今回は2019年最初の吉祥寺スナップとして持ち出しました。

今回はスナップ写真の撮影でしたが、jpeg撮って出しをスタンダードで行ってしまった為、自分のイメージとはかけ離れてしまい、急遽RAW現像してしまいました。次回のスナップ写真撮影では、クリエイティブスタイルを上手く活用しようと思います。

GMなど20万円を超えるレンズが揃い、高級レンズに頼っている今日この頃。そして昨年後半では出動頻度の減っていたオールドレンズ。実は昨年末に撮影地で出会ったインスタグラマーの方が、物凄い魅力的な写真を撮る中、なんと使用しているレンズがオールドニッコールレンズだったのです。この事が、自分の撮影意欲を引き上げてくれました。

やはり、SEL55F18Zにはないボケ味やソフト感があり、MFでの撮影はとても楽しいです。

2019年は1万円程度で入手した Ai Nikkor 50mm F1.4 を積極的に持ち出そうと思います。

あっと思わせる写真を、安いオールドレンズで撮ったなんて何かカッコイイじゃないですか!

また、お洒落な店内には魅力的な被写体が沢山ある事に気づかされました。

動する景色を求めて撮影地の景色に頼らず、こういうさまざまな被写体にも積極的に向き合っていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする