千葉の写真撮影スポット 舞浜海岸 にて夜景を撮影

シェアする

こんにちは。1月11日は平日休みでした。

未明には 葛西臨海公園で国際宇宙ステーション きぼう を撮影。

早朝には同じく 葛西臨海公園でシンデレラ城に昇る朝日 を撮影。

一度帰宅して仮眠をとった後の午後。友人と夜景の写真撮影に行く約束をしていたのですが、実際に撮影地を決めたのは午後の新宿のマクドナルド。

候補は新宿夜景・東京スカイツリーと夜景・東京ゲートブリッジと夜景でした。

友人は東京ゲートブリッジに行った事がないため、第一候補としました。自分は東京ゲートブリッジに行った事があり 記事 にもしてあるのですが、実は富士山が見えなかった場合の残念感が半端ない場所です。実際に自分が行った2014年の12月、富士山は見えませんでした。

今日は雲がない予報でしたが、せっかくなら行ったことのない撮影地がいい。さらに東京ゲートブリッジは撮りたい。そこで決めた撮影地が、千葉県の浦安市にある 舞浜海岸 です。

初めて行く場所なら、最悪条件が悪くなっても、ロケハン撮影になりますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




千葉の浦安市にある 舞浜海岸 について

東京ディズニーリゾートの最寄駅が京葉線舞浜駅です。埋立地である東京ディズニーリゾートですが、その周囲の海岸沿いを 舞浜海岸 と言います。

ここが知る人ぞ知る、東京ゲートブリッジと富士山を絡められる撮影ポイントなのです。

そして勿論、今回の第一目的は東京ゲートブリッジの向こうに富士山がある構図。しかし、結果的にその写真を撮ることができませんでした。

日没が16時45分頃。舞浜駅に到着したのが16時30分前。広く撮影ポイントも分からない舞浜海岸では絶対に日没に間に合いません。

そこで、タクシーに乗り込み舞浜海岸を指定しました。そるとタクシーの運転手さんから、

「舞浜海岸は知りません」

え~!!!車なら所要時間10分とかの位置なんですが…。タクシーの運転手さんしっかりしてくれ…。と言う事で、スマホの地図を見せて向かったわけです。ただ、東京ディズニーリゾートはものすごい広く、その周囲を囲む海岸。撮影ポイントがわかるはずがありません。さらに太陽が雲に隠れてしまったと言う事で、今回は下見と言う事で周囲を撮影しました。

舞浜海岸 で撮影した写真。

今回の撮影は全てSEL70200GMです。豪華すぎるヽ(´▽`)/。

舞浜駅をタクシーで出発し、東京ディズニーリゾートを囲むように反時計回りに舞浜海岸へ向かいます。だいぶ手前でタクシーをおりてしまった為、取り合えず南西端を目指します。

すると、一番南西には素敵なベンチがあり、まさにデートスポット。風が強いですが…。

ここでしばらく撮影をする事にしました。

東京ゲートブリッジ を撮影

ライトアップが始まった頃の東京ゲートブリッジを載せます。

このように背景には雲が広がっています。

α7RⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss0.6 iso100

葛西臨海公園と東京スカイツリー を撮影

北西に目を向けると、今朝シンデレラ城を撮影した葛西臨海公園が見えました。

観覧車と水族館、そして東京スカイツリーがアクセントになります。

α7RⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss1 iso100

東京タワーと都市夜景 を撮影

西方向に目を向けると、東京タワーと都市夜景が見えました。

この写真をみてお分かりだと思うのですが、実は風が強く、雲が履けてきたのです。

α7RⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss2.5 iso100

東京ゲートブリッジと富士山 を撮影

物凄い風が強く、風邪を引いてしまいそうなくらいでした。

そんな中、次第に雲が履け、うっすら富士山が見え始めました。

すると驚いたことに、東京ゲートブリッジに対してだいぶ右に位置していました。

ここで東京ゲートブリッジと富士山が重なる、本命の撮影ポイントへの行き方が分かる訳ですが、時既に遅し。と言う事で、この場所をあとにしました。

α7RⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss15 iso100

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の撮影ポイントの探し方は非常に難しかったです。と言うのは、最初は富士山が見えなかったのと、見えた時点で本命のポイントに行くにも徒歩では舞浜海岸があまりに広く、こっちで本当に合っているのか不安になるくらいでした。

ただ、今回の失敗で全て理解しました。次は快晴の空を狙ってリベンジしたいと思います。

舞浜海岸 へのアクセスについて

JR京葉線の舞浜駅で下車し、東京ディズニーリゾートの真反対の海岸沿いです。

自家用車の方は近場のホテルの駐車場に停車して徒歩。公共交通機関である自分たちは、タクシーを利用しました。

全て徒歩で行くと、30分では到着しないかもしれません。

ここだけの話。ヒルトンなど主要なホテル利用者に向け、ホテルを循環する無料のシャトルバスが走っています。これで、ヒルトンなどへ行ってから徒歩なら、行きやすいかも。

それでもけっこう歩きますが…。

舞浜海岸 の周辺環境について

周辺環境は素晴らしいです。コンクリートで道幅の広い歩道が広く設けられており、ランニングや散歩を楽しむ方が多いです。また、南西端にはベンチがあり、デートに持ってこいです。

ただ、風は物凄く強いです。防寒対策必須で、カメラは手ブレにも注意を。

撮影が失敗に終わることもあります。そんな時は、海岸沿いからシンデレラ城と花火鑑賞を。

舞浜海岸 の撮影ポイントについて

普通に夜景を撮るなら、南西端のベンチ前がオススメです。

東京タワーや東京スカイツリーが綺麗に見えます。

特に葛西臨海公園の観覧車と東京スカイツリーを絡められる事は、初めて知りました。

そして本命の東京ゲートブリッジと富士山の撮影ポイントですが、これに関しては撮影に成功したら記事にします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする