東京の夕日スポット 東京ゲートブリッジの夕景写真

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは東京の写真スポットで有名な場所です。

それが東京ゲートブリッジと言う橋であり、夕日・夜景・富士山スポットでもあります。

東京で風景写真を撮ってい方は、まずここは外さないと言うくらい有名な撮影地ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




東京ゲートブリッジとは?

東京ではレインボーブリッジが最も有名な橋ですね。

そんな中、東京湾にもう一つ大きな橋があります。それが東京ゲートブリッジ。

場所は江東区の若洲という場所であり、イメージはお台場よりも海側と言うイメージ。

橋の特徴は恐竜が向かい合ったような姿に見える事から、恐竜橋とも呼ばれるそうです。

撮影したのは2014年の12月末。この日も夕日と夜景を求めて午後に家を飛び出しました。

確か、ここの撮影後に千葉にある東京スカイツリーの撮影スポットにも行きました。

激寒で、この後にインフルエンザを発症したと言う思い出深い撮影旅です。

東京スカイツリーの撮影スポットは、後々書く夜景スポットシリーズで紹介します。

ではα77Ⅱレンズキットで撮影した写真をご覧下さい。

東京ゲートブリッジの写真

当客したのは日の入りより少し前。

最初から撮影したい場所のイメージを持っていました。

その為、日没に合わせ移動しながら、思い通りの写真が撮れました。

夕日

α77Ⅱ+SAL1650 40mm f8 ss1/50 iso100

α77Ⅱ+SAL1650 24mm f8 ss1/80 iso100

マジックアワー

日没と同時に、東京ゲートブリッジの反対側の堤防へ移動しました。

α77Ⅱ+SAL1650 16mm f8 ss2.5 iso100

夜景

α77Ⅱ+SAL1650 35mm f8 ss8 iso100

まとめ

いかがだったでしょうか。

時期はいいと思ったのですが、残念ならが西の空に雲が広がっていました。

その為、日没後に橋に富士山のシルエットを見る事ができませんでした。

次回に行く時は、もう少し気候を調査し、富士山のシルエットを狙おうと思います。

アクセスについて

JR京葉線の新木場駅から、都営バスが若洲キャンプ場へ出ています。

終点で下車すればいいので間違えないと思います。

バス停からは徒歩数分で、堤防に到着します。

また、真っ暗になってからも新木場行きのバスには困らなかったです。

2014年の年末の平日で、それなりに撮影者がいました。

釣り人やカメラ女子もいたので、そんなに治安は悪くないと思います。

確か、自動販売機や公衆トイレも徒歩すぐの場所にありました。

撮影環境について

コンクリートや堤防の上に上り撮影する形になります。

東京ゲートブリッジに対して、北側か南側どちらかで撮影する形となり、これは好みです。

撮影スペースは物凄く広いので、場所取りに困る事はないです。

※ 勿論、富士山を橋の中央に入れる、またはダイヤモンド富士の場合は話が別ですね。

撮影ポイント

オススメは、日の入り前は橋の北側から夕日と船、遠くの風車などを撮影します。

日没後、富士山のシルエットを期待して南側へ移動します。

最初から富士山を狙う場合は、南側の堤防の上で場所取りが必要です。

ダイヤモンド富士の場合、日没数時間前でも場所取りは大変でしょうね。

基本情報

アクセス:公共交通機関の場合、JR京葉線・有楽町線・りんかい線新木場駅へ。

新木場駅1番バス乗り場より都営バス若洲キャンプ場行きで10分〜15分。

終点の若洲キャンプ場バス停下車。

東京ゲートブリッジ|観光レジャー|東京都港湾局公式ホームページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする