東京スナップ写真 SEL35F28Zで雨の銀座を撮影

シェアする

こんにちは。

久しぶりにスナップ写真の記事を書きます。

2019年の6月29日は土曜日の休日。ある餌に誘われ、東京の銀座を訪れました。

本当の目的は銀座にあるソニーのショールームですが、そのお話は別の記事で書きます。

その他のスナップ写真の記事はこちら↓

★ αのEVFが見せる世界スナップ写真一覧 ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




雨の日に銀座でスナップ写真

ソニーのショールームのお目当ては、SEL200600Gを体験する事です。

その為、カメラ機材を何か持って行こうと考えました。ただ、雨が降っていたのもあり、重たいズームレンズは…。と言う事で、超小型で最強の組み合わせα7SⅡ+SEL35F28Zを出動。

低画素で小型軽量、そして35mmの単焦点、この組み合わせは街角スナップの撮影では最強。

今回は訳があって、東京駅から有楽町駅を経由し、銀座まで歩きました。

と言う事で、撮影エリアは東京から有楽町と銀座と言った感じです。

雨の日が写真撮影にいい事は認識していましたが、今日の撮影でさらに好きになりました。

それでは早速行きましょう。

SEL35F28Zで撮影した写真

ここからは、α7SⅡ+SEL35F28Zで撮影した写真を紹介していきます。

傘をさしながらの手持ち撮影です。

高架下にて

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/5 iso200

まず一枚目に紹介する写真、これが本日の力作であり、イメージをしていた景色です。

雨の日の高架下。傘をさしす歩行者を動きのある写真に仕上げる。こう言う写真は本来モノクロに仕上げるとかっこいいのですが、傘がカラフルな為、彩度をやや上げてみました。

これだけでお腹いっぱい、この記事もおわり、と言う訳にいかないので続きを…。

この記事の写真はこちら↓

★ 【X-T3 作例】富士フィルムのカメラで行く東京スナップ写真撮影 ★

この写真は前回に同じエリアで撮影した写真ですが、自分はこの構図が好きなようです。

ただ、前回は35mm換算50mmで撮影しており今回は35mm、この辺りの使い分けが難しい。

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/5 iso200

銀座の町並み

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/10 iso200

銀座のメイン通りから一本細い路地に入って撮影した写真。高架下と同じイメージの構図。

ひとつ奥に入るとブランド店ではなく飲食店が並びます。傘がカラフルですね。

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f5.6 ss1/4 iso200

こちらは裏路地から建物の間を撮影した写真。人目を気にしない外壁は凄いですね。

銀座のソニー通り

ここからは友人と合流した後に撮影した写真です。雨が止んでしまったのが残念…。

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/30 iso200

この何気ない裏通り…。

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f5.6 ss1/60 iso200

足元を見ると、何とソニー通りの文字がありました。こんな道があったなんて驚きです。

スクランブル交差点

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/60 iso200

想定外に雨が止んでしまい、カラフルな歩く傘を収められなかった、今日一番の悔しさ…。

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/8 iso200

エレベーター待ちの時に適当に撮影した一枚。天井に吊るされた飾りが意外と映える。

今日のリフレクション

α7SⅡ+SEL35F28Z 35mm f8 ss1/50 iso200

友人に教えてもらったポイント。建物の外壁(ミラーガラス)によるリフレクション。

SEL200600G体験

この写真の記事はこちら↓

★   【SEL200600G 作例】ソニーストア銀座でαロゴ入りタオルをゲット! ★

じゃじゃーん!と言う感じですが、触ってきましたよ。その様子は次の記事で…。

まとめ

東京の銀座で撮るスナップ写真、いかがだったでしょうか。

この他にもライカのカメラを触ったり、銀座の時計台を撮ったりと写真は沢山あるのですが、一つの記事で写真が増えすぎるので割愛したいと思います。

前半は雨が降っていた為、傘をさす人を上手く入れて撮る事ができました。次回の課題は、傘をさす人たちが行き交うスクランブル交差点を撮影する事です。

東京で写真撮影をしていると、雨の日こそいい写真が撮れる気がします。そう考えると、もう少し梅雨が続いてもいい気がしてきますね。

スナップ写真とは 準備をせずにありのままの景色を撮る と言うイメージですが、最近ストリートフォトと言う言葉に興味を持ちました。

自分が今回撮影したような写真は、スナップ写真と言うよりは、ストリートフォトと呼んだ方がいいかもしれません。と言うのは、人がはけた瞬間や逆に人が通る瞬間を待ってシャッターを切っているので、これはありのままではなく景色を作ってしまっています。

その為、スナップ写真ではなく、正確にはストリートフォトと呼ぶように…、しようかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする