【レンズ保護】SEL24105G 専用 保護フィルム

シェアする

こんにちは。

先日にソニーのEマウントレンズ SEL24105G を購入したと言う報告をしました。

そこで、SEL1635GMと同様にアマゾンで売られている保護フィルムを買ってみました。

また、フードをマスキングテープで保護したため、合わせて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




SEL24105G 専用 保護フィルム

Eマウント SEL24105G Sony Sony Gレンズ 専用 保護フィルム カーボン

こちらがSEL24105G 専用の保護フィルムです。

前回と同用に、目立たずカッコイイイメージがいいのでカーボン柄にしました。

大三元レンズだけでなく、F4通しのレンズ用も売っているあたり、ありがたいですよね。

とは言っても、SEL24105Gが人気のレンズだからこそ、発売しているんだと思います。

開封と貼り付け

SEL24105G 専用保護フィルムを貼る

では、実際に届いたものを紹介していきます。

長方形の厚紙でしっかり保護された梱包で送られてきました。前回と同様ですね。

開封後の保護フィルムの状態と、実際に一枚レンズに貼り付けた状態がこんな感じです。

保護フィルム自体は三枚入っており、「G」の文字などには被らないようになっています。

さすが、専用保護フィルムと言うだけありますね。

三枚とも貼り終えました。やっぱりカーボン柄はかっこいいですね。

マスキングテープを貼る

ついでに、フードのスレも防止できるようにマスキングテープを貼っていきます。

これは専用ではないため、自分でカットして貼る必要があります。

ちょと分かりにくいですが、フードの先端に折り返すように貼ってみました。

最終的には、フードの手前側にもう一重貼りました。

ソニーの文字が隠れるまで覆っても良かったのですが、フードの形状がラッパ状なので、取り合えずこれで良しとします。

ただ、フード単体を岩場などに落とす可能性を考えると、本当は全部巻いたほうがいいかも。

   

まとめ

今回は SEL24105G に使える専用の保護フィルムと、マスキングテープによるレンズフードの保護の様子を紹介しました。

SEL1635GM に続き二回目の購入のため、特に失敗をせずに貼り付ける事ができました。

前回も書きましたが、プロカメラマンの世界では、HCL パーマセルテープで機材保護を行うのが主流です。

この保護フィルムはどちらかと言うとドレスアップと言うイメージです。例えば、レンズが地面に転がった場合、真っ先に傷が付くのが凸のバタン部分やリング類です。

ただ、精神衛生面上では安心できますし、こうする事でレンズと言う道具に愛着も湧きますからね。

みなさんも是非試してみてはいかがでしょうか。

★ 【レンズ保護】SEL1635GM専用 保護フィルム ★

★ 【カメラ保護】マスキングテープを貼ってみた ★

   

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする