長崎旅行の報告 軍艦島や稲佐山からの夜景を写真撮影

シェアする

こんにちは。

イタリアから帰国後、一週間も経たずに九州へ飛んできました。

とは言っても、嫁さんの実家に帰省する四日間。毎年糸島の牡蠣小屋や大宰府天満宮などに連れて行ってもらうのですが、今回は思い切って日帰りで長崎まで足を伸ばしました。

毎年必ず九州へ帰省しているのですが、実は嫁さんの家族はアウトドア派ではないため、せっかく九州へ行っても、あまり撮影地へ足を運ぶ機会がありませんでした。

と言う事で、今回は四連休中一日だけお願いし、単独で行く日帰り長崎旅行です。

それでは早速行きましょうヽ(・∀・)ノ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




日帰りで行く長崎旅行

長崎へ行くきっかけになったのは、去年一緒に関西旅行に行った職場仲間との会話です。

その友人の一人に山口県出身がいて、九州旅行が一度候補に挙がりました。彼の地元には、全国的にも有名な写真スポット「角島大橋」もあり、車で案内しますよ、とのこと。

そんな会話の中、もう一人の廃墟好きの友人から「軍艦島」の話が出ました。

九州の長崎県にある軍艦島は世界遺産であり、日々の風化からいつかは上陸できなくなると。

この情報を聞いて、自分は次に九州に帰省する際、なんとしても行こうと計画していました。

ご存知の方もいるかと思いますが、昨年の10月の台風の影響で、軍艦島への上陸は一時禁止されていました。その解禁が、偶然2019年の2月1日。ちょうど帰省する時期に間に合ってくれたのです。

という訳で、日帰りで行く長崎旅行の一番の目的が軍艦島。そしてせっかく行くなら、世界新三大夜景に選ばれた稲佐山から見る夜景も撮影しようと東京から重い三脚も持参。

長崎旅行で撮影した写真

JR特急かもめ25号で行く

福岡方面から、JR特急かもめ25号と言う特急列車が出ており、長崎駅まで直通でした。

こちらはSEL70200GMで撮影しています。

路面電車 長崎電気軌道で巡る長崎観光

この写真の記事はこちら↓

★ 長崎旅行 路面電車の走る街 長崎 にて トラム を写真撮影 ★

前々から路面電車の走る街には憧れを持っていました。東京にも都営荒川線など路面電車は走っているのですが、自分の家からは遠くその為だけにアクセスする事はありませんでした。一応今年撮影に行ってみようと言うリストには入っています…。

話は戻し、長崎には路面電車が走っており、自分にとってはとても新鮮な景色でした。運賃は一律160円であり、乗り継ぎする際には車掌さんに乗り継ぎ用の切符をもらいます。

自分は車の免許がないため公共交通機関でのアクセスしか手段がないのですが、実はこれが旅行先の街の良さを体感する素晴らしいイベントでもあると、最近強く実感しています。

ちなみに、軍艦島のツアーが出ている港があるのが、大浦海岸であり、そこへいくには一度新中華街で乗り継ぎを行う必要があります。

今回は路面電車の写真を沢山撮影しましたが、実は日中だけ…。本当は夜の路面電車の街を撮影したかったのです。

ちなみに、路面電車に興味をもつきっかけになったのが以下の動画です。

こう言う動画を見るだけで、いつかニコンに戻りたいなぁ~なんて思います。

世界遺産 軍艦島を訪れる

この写真の記事はこちら↓

★ 【前編】長崎の観光スポット 世界遺産 軍艦島(端島) を写真撮影 ★

世界遺産である軍艦島へは、ツアーでしか行くことができません。

船長さんがちょうど撮影ポイントで船を停めてくれた為、参加者はみんな窓を介さず後部のデッキから写真撮影を行う事ができました。

ツアーに参加する事で、軍艦島がなんなのかは勿論、その歴史だけでなく、その他の長崎の魅力を知ることもできました。具体的には、港街であり西洋文化が日本に取り入れられた…。グラバー園を作ったグラバー氏は何をした人か…。など、現地でも知らない方がいるというお話を聞くことができました。

世界新三大夜景を見に 稲佐山 へ

軍艦島のツアーが終了したのが16時半頃。この日の日没は18時ちょうど。

路面電車で長崎駅に戻り、路線バスで稲佐山のロープウェイ前バス停へアクセスするには住bんな時間でした。

めがね橋や大浦天主堂(日本最古の天主堂で内部は撮影不可)など他のスポットも回ろうと思ったのですが、詰めすぎるといい事がないため次回のお楽しみにとっておく事にしました。

と言う事で、長崎駅で軽食を取り、日没に合わせて稲佐山に足を運びました。

少しガスっていた!?り寒かったりしましたが、斜形の街が作り出す夜景は想像以上にきれいな物でした。

まとめ

今回は、日帰りで行く長崎旅行の記事を書きました。今後も九州へは必ず年一度は行くため、連休を一日でも多く取って撮影地を巡りたいと思っています。ちなみにだいぶ先の予告ですが、次回の帰省時は佐賀のバルーンフェスタを撮影する 予定 です。

今回は初めて訪れる長崎の街でしたが、たった一日でも大満足の行く旅ができました。

名残惜しかったのは、やはりめがね橋と大浦天主堂に行けなかった事。特にイタリアの大聖堂などを見てきたばっかりなので、大浦天主堂には興味がありました。

また、ちょうどランタンフェスティバルの時期だった為(一度は宿を取り嫁さんの両親とみんなで行く計画も立っていた(笑))、計画の立て方によってはもっといい旅ができたのかもしれませんが、翌日には福岡の糸島で美味しい牡蠣を食べられたのでよしとしましょう。

次回は長崎でも「食」に触れる旅がしたいですね。

今日の記事はこの辺で。撮影スポットごとの記事は例によって後々書いてこの旅行記事にリンクさせようと思いますが、いかんせん昨年の紅葉写真、関西旅行、年末年始の写真、イタリア旅行までまだまだ未更新の為、いつになるかわかりませんm(。・ε・。)m。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする