ハワイ島の絶景夕日スポット ワイコロアで撮影したサンセットの写真

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは、ハワイ島のビーチで撮る夕日(サンセット)になります。

今回の旅行全体のまとめ記事はこちら↓

★ ハワイ島で写真撮影旅行 マウナケアの天の川や絶景スポットを紹介! ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ハワイ島のビーチで夕日を撮影する

ハワイ島に旅行に行く場合、折角ハワイに行くのだから夕日をビーチで見たいと言う方は多いのではないでしょうか。幸いハワイ島は西側に、主要エリアであるカイルア・コナの街があり、さらに北西にあるコハラコーストにはリゾートホテルが並んでいます。その為、海やビーチと絡めた夕日はいろいろ撮りがいがあるのではと思います。

ワイコロアで夕日を撮影する

今回ハワイ島に四泊し、全ての夕暮れ時にサンセットの撮影が行えました。これは入念な旅行撮影計画と、友人のドライバー能力があったからだと思います。

そんな夕日の撮影ですが、コハラコーストにあるワイコロアに沈む夕日は、旅行に行く前から撮影したいと思っていました。カイルア・コナの夕日も勿論綺麗なのですが、実はワイコロアは新婚旅行でも行った思い出の地であり、その近辺には綺麗なビーチが多く、どうしても夕日が撮ってみたかったのです。かなり詰め詰めの計画で運転続きでしたが、友人は快くOKしてくれました。

流れとしては、朝にハプナビーチで写真撮影をした後、昼にヒロの街観光(レインボーフォール・アカカ滝・ビックアイランドキャンディーズ・コナの街でスナップ写真撮影・ロコモコを食す)、そして午後にキラウエア火山国立公園に行き、日没前に急いでワイコロアに向かうと言う流れです。この計画、行ってみると分かるのですがかなり無理があります。それはそう。カイルア・コナとヒロはハワイ島の東から西へ横断する訳で、片道2時間ですから…。

アナエホオマルビーチで夕日を撮影する

では、どこのビーチでサンセットの写真をするのか。

事前の調べでいろいろ撮影スポットを検討したのですが、自分のイメージに近い写真が撮れそうなのが、アナエホオマルビーチでした。ただ、結果的に、津波の影響らしく思った景色とはちょっと違った形になってしまいました。その事は後々説明します。

ワイコロアで撮影したサンセットの写真

日没が18時47分ですが、駐車場に着いたのがギリギリであり、ビーチに近い場所はほぼ満車。かなりギリギリの到着でしたが、何とか撮影予定(広いビーチの中でも撮影したかった足場)の場所にたどり着きました。

急いでα7RⅡ+SEL1635GMを首にぶら下げ、α7SⅡ+SEL70200GMを三脚に立てます。

SEL1635GMで撮影

まずは、α7RⅡ+SEL1635GMで撮影した写真を紹介します。

α7RⅡ+SEL1635GM 24mm f8 ss1/320 iso100

α7RⅡ+SEL1635GM 24mm f8 ss1/320 iso100

凄く綺麗ですよね!?この一枚目に撮影した写真が、到着した直後です。かなりギリギリ。

そして、ビーチではなく何故ここで撮影しているのか。実は、前方に見える堤防の奥にも砂浜があり、想定では写真中央から右までヤシの木が生えている予定でした。情報では津波で流されてしまったとか…。ヤシの木が残っていたら、リフレクションを含めてどんな景色になったか、写真好きのあなたなら想像できるのでは!?

SEL70200GMで撮影

続いてはα7SⅡ+SEL70200GMで同時進行で撮影した写真を紹介します。

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f8 1/1600 iso100

これは美しいですね。一昨年のオアフ島で、堤防などから撮影した夕日は、被写体になるものがなく代わり映えのしない写真になります。今回は堤防の人のシルエットがいい感じ。

α7SⅡ+SEL70200GM 110mm f8 1/400 iso100

α7SⅡ+SEL70200GM 70mm f8 1/200 iso100

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f8 1/10 iso100

奥にある堤防のおかげで、人やヤシの木のシルエットが絶妙な景色を作り出しています。

ただ、写真撮影が趣味の者はいつでもファインダー超し。

ああしてのんびり夕日を見る事なんてないんですよね。撮影の足場は湿地で濡れており、ビーチで写真撮影とは程遠い環境でした。

アナエホオマルビーチのマジックアワー

最後に、アナエホオマルビーチの砂浜まで足を運びました。勿論日はとっくに沈み、綺麗なマジックアワーの時間です。

α7RⅡ+SEL1635GM 25mm f8 ss0.8 iso100

このポイントからサンセットを撮影した方がよかったかもしれません。

ヤシの木の林であり、シルエットがとても綺麗です。ただ望遠レンズだとちょっと困る…。

この写真、実は手ブレしていますが、このブログ何故か解像度低いのでよしとしましょう。

α7RⅡ+SEL1635GM 24mm f8 ss2.5 iso100

これはなかなか綺麗です。サブであるミニ三脚を使って撮影しました。

まとめ

ハワイ島の夕日スポット、コハラコーストのワイコロアにあるアナエホオマルビーチで撮るサンセット、いかがだったでしょうか。

今回は時間の関係もあり、じっくり撮影する事はできませんでしたが、ワイコロアの綺麗な夕日を見る事ができました。ビーチに出てしまうと望遠レンズで撮影した写真に面白みがなくなるので、今回のように地形を活かして手前から撮影したのは良かったかなと思っています。

アクセスについて

コハラコーストのワイコロアにあるアナエホオマルビーチで撮影しています。カイルア・コナに宿泊してワイコロアへ行くには、観光客向けの公共交通機関がないため、レンタカーが必須になります。その場合、Google-mapで検索すれば日本語で出てきます。

駐車場について

ワイコロアにある有名なビーチです。恐らく数十台以上停められると思われる広大な駐車場があります。ただ、ビーチに近いポイントは埋まっていたので、自分たちは離れた場所に停めてから歩きました。とは言っても、5分も歩いていないと思います。

撮影環境について

リゾートのビーチですが、日本のように混雑しません。堤防前の水面を絡めた撮影ポイント、恐らく日本にこの場所があれば三脚が立ち並びそうですが、現地では誰一人いませんでした。

撮影ポイントについて

撮影環境はとてもいいと思うので、余裕を持って現地入りし、自分の撮りたい構図を探すといいと思います。個人的には、やはりビーチに出てしまうと望遠レンズでの撮影が面白くなくなるので、一歩手前に引いた場所がおすすめです。

撮影の注意点について

注意点としては、勿論他社の迷惑になる行為は避けること。あとは靴ではなくサンダルで撮影に行くことくらいでしょうか。シャワーやお手洗いはどうだったか未確認です。

基本情報

・所在地:69 Waikoloa Beach Dr, Waikoloa

・アクセス:コナ国際空港から車で30分、カイルア・コナの街から車で40分