ハワイ島の夕日スポット キャプテン・クックで撮影したサンセットの写真

シェアする

こんにちは。

2019年の5月上旬、四泊六日で行くハワイ島の写真撮影旅行。

今回は、三日間ある中日の二日目に撮影した夕日とサンセットの写真にになります。

これで、今回のハワイ島旅行で撮影した四回のサンセットが完結します。

今回の旅行全体のまとめ記事はこちら↓

★ ハワイ島で写真撮影旅行 マウナケアの天の川や絶景スポットを紹介! ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




キャプテン・クックについて

岐阜県程の広さであるハワイ島、現在は東から西へ走るサドルロードが開通しており、カイルア・コナから効率よく東にあるヒロの街へ移動する事ができます。

しかし、このサドルロードができる前は、カイルア・コナからヒロの町へ移動するのにハワイ島をぐるっと遠回りする必要があったとか。

これが当時のハワイ島の道路事情ですが、観光客にとっての主要な町が、西にあるカイルア・コナです。カイルア・コナから反時計回りに南へ続く主要道路があり、これが11号線です。

11号線の道路は常に海岸沿いを走っており、西側を見ると緩やかな斜面の先には海が広がっています。つまり、どこを走っていても夕日が見えます。

そんな素敵な11号線ですが、カイルア・コナから南下していくと キャプテン・クック と言う町があります。キャプテン・クックはカイルア・コナの華やかな景色とは異なり、ハワイの田舎らしい景色が広がります。

観光としては、コーヒー栽培に適した気候らしく、コナコーヒーの農園をはじめ、昔ながらのカフェや飲食店があります。

今回はハワイ島の南エリアを観光したのち、カイルア・コナに戻る際に夕日が見えそうな場所を探しながらたどり着いた場所でサンセットを撮影しました。それが後で調べると、キャプテン・クックの町だったのです。

キャプテン・クックで撮影した写真

11号線を北上していると、太陽は見る見る水平線に近づき、日没寸前でした。キャプテン・クック周辺の地形は、ハワイ島北西部のコハラ・コーストと同じく陸から海に向かって緩やかな坂が続いています。11号線から撮影できそうなポイントを見つけ、車をとめました。

SEL70200GMで撮影

まずはお決まりのα7SⅡ+SEL70200GMで撮影した写真を載せます。

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss1/640 iso100

海岸からは少し内陸に入った坂道の上。

夕焼け空にいい感じにヤシの木のシルエットを入れました。

α7SⅡ+SEL70200GM 135mm f8 ss1/500 iso100

まん丸な太陽が雲を抜け、水平線に沈もうとしています。

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss1/640 iso100

ウロウロしながら撮影したため、一枚一枚ヤシの木のシルエットが異なります。

これ、直前には珍しいハワイ島のだるま夕日でした。ただ、構図をミスったので…。

α7SⅡ+SEL70200GM 70mm f8 ss1/80 iso100

この日の夕日は雲の表情や光の色も不思議な景色でした。

この写真は広角レンズで撮ったように見えますが70mmです。

α7SⅡ+SEL70200GM 70mm f9 ss1/50 iso200

日没後にヤシの木のシルエットと夕焼け空を写した写真。水平線も写りハワイらしいですね。

SEL1635GMで撮影

同時進行で撮影したα7RⅡ+SEL1635GMの写真を一枚だけ紹介します。

α7RⅡ+SEL1635GM 24mm f8 ss1/10 iso100

広角レンズで手前のヤシの木を大胆に入れて撮影。ちょっとHDR風に。

手前の道を黒く消してしまうのも考えましたが、左奥の路上に停めた車も写っていますし、友人と急いで駆け上がったこの坂を思い出に、前景も出してみました。

プルメリアと夕日

ハワイの花と言えばプルメリアです。東京の我が家でも育てている大好きな花ですが、ちょど夕日を撮影していた近辺に、大きなプルメリアの木が生えていました。

せっかくなので、プルメリアと夕日を絡めて…。

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f2.8 ss1/60 iso100

こちらがプルメリアの花。西日があたって黄色くなっています。

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f2.8 ss1/1600 iso100

プルメリアの葉のシルエットと夕日をボカした写真。これ、ヤシの木で撮るべきだったかな!?

α7RⅡ+SEL1635GM 16mm f2.8 ss1/20 iso100

日没後に、近くに生えていたプルメリアの大木をシルエットに入れて撮影。

16mmですよ。プルメリアの木ってこんなに大きくなるんですね。

まとめ

ハワイ島の町、マウンテン・クックで撮影する夕日とサンセット、いかがだったでしょうか。

ハワイ島の南西エリアを走る国道11号線は、内陸から海に向かって穏やかな坂になっており、常に広大な海が見渡せます。

その為、マウンテン・クックの町と主要な11号線からは、どこにいても夕日が見られます。

今回の撮影は予め決めていた撮影ポイントではなく、行き当たりばったりで見つけた場所でした。それでも水平線とヤシの木がいい感じに重なり、自分たち意外にもサンセットを楽しむ人たちがちらほらいました。

撮影ポイントは、11号線沿いを走りながら、たまたま見つけた海へ下る道で見つけた場所であり、次にこの場所に行こうと思ったら多分無理なポイントです。

もしマウンテン・クックを通る方・訪れる方は、自分だけのサンセットポイントを見つけてみてはいかがでしょうか。

ハワイ島のだるま夕日

最後に、構図が微妙だったダルマ夕日を載せてお別れします(*゚▽゚*)。

こちらがハワイ島で撮影したダルマ夕日。日の丸構図でもなければ、右下の木も微妙…。

トリミングして正方形にすれば何とかなるかな…!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする