ハワイ島でレンタカードライブ ハワイ・ベルトロードで撮影した写真

シェアする

こんにちは。

四泊六日で行くハワイ島の写真撮影旅行。

主要な名所は紹介し終えましたが、まだまだ写真は残っています。

今回の記事は、レンタカーで行くハワイ島の 道 の写真になります。

今回のハワイ島旅行のまとめ記事はこちら↓

★ ハワイ島で写真撮影旅行 マウナケアの天の川や絶景スポットを紹介! ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ハワイ・ベルトロード(11号線)について

岐阜県程の広さと言われるハワイ州で一番大きな島 ハワイ島。この島の海岸線を一周している道路があり、それが ハワイ・ベルトロード といいます。さらに、この周遊道路の南側を ハワイ州道11号線 といいます。

今回は中日三日のうち、二日目にこのハワイ・ベルトロードの11号線をドライブしました。カイルア・コナの町からハワイ島の南エリアを観光した訳ですが、11号線沿いにはサウスポイントやグリーンサンドビーチ、プナルウビーチなどの主要な観光名所があります。

今回はハワイ島の様々な道路をレンタカーでドライブし、レンタカーで行う旅ならではの写真が撮れました。その中でも、ハワイ島の南エリアを走るハワイ州道11号線からは、広大な大地を感じられる素晴らしい景色を見る事ができました。

ハワイ州11道号線で撮影した写真

ここからは、ハワイ島のハワイ・ベルトロードの中で、南エリアを走るハワイ州道11号線で撮影した写真を紹介します。

撮影機材はα7SⅡ+SEL70200GMと、SEL20TCです。この組み合わせは珍しいですね。

溶岩台地を走る

α7SⅡ+SEL70200GM 200mm f8 ss1/200 iso125

ハワイ・ベルトロードのハワイ州道11号線沿いをレンタカーで走っていると、所々に車をとめたくなるポイントがあります。こちらは溶岩台地のビューポイント。昔に流れた溶岩台地では、少しずつ植物が生えて来ていました。オレンジ色のスクールパスが走っています。

沿岸沿いを走る

α7SⅡ+SEL70200GM+SEL20TC 400mm f8 ss1/250 iso200

とある沿岸沿いのポイントに、駐車スペースがありました。そこからは海が見えるのですが、それよりも今から向かう道路の先に目を奪われました。溶岩台地が続くと思いきや、草原の中を走るハワイ州道11号線のアップダウンの姿がが凄い。

α7SⅡ+SEL70200GM+SEL20TC 400mm f5.6 ss1/500 iso125

広大なハワイ島の台地を走る

α7SⅡ+SEL70200GM+SEL20TC 266mm f8 ss1/200 iso200

こちらの写真は、今回ハワイ州道11号線で撮影した中でも最も好きな一枚です。アップダウンがどこまでも続く道と、ハワイ島らしい広大な台地を見る事ができました。

まとめ

ハワイ島の沿岸沿いを走るハワイ・ベルトロード。その中でも、南のエリアを走るハワイ州道11号線で撮影した写真を紹介しました。

カイルア・コナの町から南下し、キャプテン・クックの町を抜けるとリゾートらしい景色はなくなり、ハワイ島本来の姿が広がっていました。

ハワイ島をレンタカーで旅する方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする