アマゾンの返品で失敗した事例

シェアする

こんにちは。

ついさっきの出来事を記事にします。

最近はネット社会であり、インターネットを通じて買い物をする機会が増えています。

アマゾンは代表的な通販サイトであり、自分はよく利用します。

今回とある商品を間違って購入し、返品を行いました。

その結果、返品しない方が出費が抑えられたと言う事例を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




間違って購入した商品

最近一緒に撮影に行く友人の影響もあって、とあるカメラを購入しました。

それは、ニコンの「ニコン F3 HP」と言うフィルムカメラです。

カメラの話は、実際に使用して記事にしようと思った時に書きたいと思います。

ニコンの上位機種と言えば丸型ファインダーですよね。

自分はずっとこれに憧れを持っていました。

勿論、このF3シリーズも丸型のファインダーです。

しかし、中古で購入したため、丸型アイピースは新しく購入する必要がありました。

そこで購入した商品がこちら。


Nikon F3アイピース

商品代金709円であり低価格。これなら買い足しても良さそうです。

しかし、自分のF3 HPに装着してみると、あれ?はまらない…。

そうです。F3とF3HPの専用アイピースは別物だったのです。

HPはファインダー倍率が0.75倍に改善されている事は知っていました。

しかし、まさかアイピースも別物になっているとは全く知りませんでした。

アマゾンの返品サービスを試す

安い買い物ですが、使えないなら返品するしかありません。

返品方法に関しては色々規定がありますので、よく読んで下さい。

以前に、商品側に問題があり返品送料無料で対応してもらった事があります。

しかし、今回は自分の下調べ不足が招いた買い物です。

と言う事で、元払いでのゆうパックで返品してみる事にしました。

何故かと言うと、単純にアマゾン購入履歴から簡単クリックで案内があるからです。

つまり、自分で運送会社や配送方法を選択せず、アマゾンの案内に従って返品した訳です。

このとき、まさか送料がこんなに高いだなんて、知る由もありませんでした。

ゆうパック集荷サービスが来た

と言う事で、アマゾンの案内通りにゆうパックの集荷サービスを依頼しました。

返品する際は、到着時の梱包のまま発送するので、なにも記載する必要がありませんでした。

そして配達の方が来ました。そこで言われたのが…。

元払いになりますので、送料800円になりまーす。

えっ?返品しない方が安いじゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

アイピースカップで小さな封筒なので、てっきり300円以内とかで送れると思っていました。

知らない、無知と言うのは本当に怖いですね。

ここで愚痴をいいたいのが、自分で配送方法を選べば勿論送料も調べますよね。

しかし、アマゾンの案内には、送料が一切記載してなかったのです。

まとめ

時間まで指定して集荷に来てくれたスタッフさんに悪いので、このまま返品しました。

また、お金にかかわらず使わない道具を手元においておくのは良いことではありませんね。

返品する事で、ちゃんと使ってくれる方の元へ運ばれる訳です。

今回は良い社会勉強になりましたよ。

ネット通販で返品する際は、返品方法だけでなく、ちゃんと送料も調べないといけません。

そして何より、購入する際にその商品が正しいか、慎重に調べる必要があります。

返品経験のない未熟さが招いた、自分の馬鹿さを感じる事例でした。

ちなみに、本来購入するべきだった商品がこちら。


Nikon アイピース DK-17

現行のデジタル一眼レフと交換性のあるこちらが、F3 HPと交換性があるそうです。

現在1049円であり、F3用に比べて300円程高いです。

これは紛らわしい、と言うか普通F3用を買っちゃいますよね。。。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする