【2023年版】オーストラリアのメルボルンにあるグレートオーシャンロードに行く方法!

シェアする

こんにちは。

自分は思い立ったら即計画を立てる正確であり、ニュージーランドのテカポ湖よりもオーストラリアのメルボルンの方が現実的な気がして来た為、プランニングしてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




はじめに

この記事では、2023年現在に南半球のオーストラリアにあるメルボルンを目的地として、具体的な旅行プランと費用を立ててみます。

また、メルボルン郊外にある世界的に有名な絶景スポット「グレートオーシャンロード」にレンタカーを使わず、オプショナルツアーで行けるのかも調べてみようと思います。

今回のオーストラリア旅行のプランニング

  • 宿泊拠点:オーストラリアのメルボルン市内
  • 最小のコスト:パッケージツアーは使わない
  • 直行便:最小の日数に抑える為(三泊四日)
  • 現地の移動:レンタカーは使わずオプショナルツアーを探す
  • 最大の目的地:メルボルン郊外にあるグレートオーシャンロードを撮影する事

メルボルン直行便の料金を調査!

そもそも2023年現在、日本からメルボルンに行く場合の航空機代はいくらかかるのか。

インターネットでざっと調べると、何故か片道10〜30万円とか言う意味不明な航路ばかり出て来ました。更に、台湾等の海外乗り継ぎ便ばかりが並び、それも安い訳でなく10万円超え、、、。と言う事で、「メルボルン 直行便」と検索するとJALのサイトがヒット。

今回は、奥さんと家族旅行を想定し(星空撮影は考えない為月齢や時期は無関係)、適当に10月1日から三泊四日で検索。すると、、、。

なんと片道35,000円の航空券があるではありませんか。これだと、

  • 1日目の夕方東京成田出発で機内宿泊
  • 2日目の早朝に現着し終日メルボルン市内観光
  • 3日目に終日グレートオーシャンロード観光
  • 4日目の16時20分には東京成田

このプランが往復70,000円で可能になるではありませんか(別途燃油サーチャージ等はかかりますが)。

グレートオーシャンロードに行く方法!

では、次に主目的のグレートオーシャンロードに行けるプランを探してみました。

夕日の時間帯に行けるオプショナルツアーがあった

すると、なんと夕日鑑賞プランと言うものがあり、日中様々な観光地を巡りながら、日没時に12使徒へ行けるオプショナルツアーがあるではありませんか。

しかもメルボルン市内送迎付きでこの価格、安すぎませんか?ちゃんと2023年予約可です。もちろん、他に日中に観光できる多くのオプショナルツアーがあります。

オーストラリアの星空に憧れて

オーストラリアでレンタカーを運転するには、国際免許が必要です。

もし、車の免許を持った仲間とグレートオーシャンロードに星空撮影に行った場合、どんな景色に出会えるか。それは、海外の写真家さんがSNSに上げてくれていました。

日本人でこれを撮影した人間はほとんど居ないでしょうし、本当に実現したいですね。

まとめ

あとは、ブッキングドットコム等で安めの宿泊施設を二泊分抑えれるだけ。

短期間ですが、10万円ちょいで南半球のオーストラリアを堪能できると考えると、もはや破格です。これ、このブログでまとめた通りの日程で組もうと思えば組めそうです。

来年以降になれば、もっと旅費は安くなるのかな。最後に、Ayaneさんが空撮した素晴らしいグレートオーシャンロードのyoutube動画を紹介して終わります。

本当に飛び肌立つ程かっこいい!それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連サイト

シェアする

フォローする