【17-28mmf2.8】タムロンからEマウント用超広角ズームレンズ

シェアする

こんにちは。

いや~、レンズメーカーのタムロンさんはやってくれますね。

今年の2月28日からパシフィコ横浜で開催されるCP+2019に参考出品されるレンズ。

その中に、タムロンからソニーEマウント用超広角ズームレンズ

17-28mm F/2.8 Di III RXD(Model A046)

と言うレンズがあるそうです。

これって、今現在も超人気のコストパフォーマンス最強と言われるレンズ、

28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

のシリーズの続編と言う事になりますよね。確か2018年5月に発売され、今も売れ筋一位。

つまり、タムロンさんはソニーのEマウント用に大三元レンズをしっかり揃えてくれていると言う事です。と言う事はつまりつまり、今後f2.8通しの望遠ズームレンズも出る!?

お値段は今のところ未定ですが、標準ズームレンズを考えると、期待しちゃいますよね。

少なくともデジタル一眼レフ用の15-30mmf2.8よりは遥かに安いと予想できますし…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




17-28mm f2.8 スペック

画像引用先はこの記事の参考ページ:タムロン公式ホームページ

・ソニーEマウント用(35mmフルサイズ対応)

・重量:

 ・フィルター径67mm

・開放f値:ズーム全域でF2.8

・最短撮影距離:ワイド端で0.19m

・価格:未定

・発売時期:2019年中頃

大口径超広角ズームクラスとしては驚きのフィルター径φ67mmを実現。今までになく軽量・コンパクトなボディがフルサイズミラーレス一眼カメラとのバランスも良く、気軽に持ち運び、幅広い撮影シーンに対応できるレンズです。ズーム全域でF/2.8と明るい本レンズは、画面中心から周辺部まで高い解像力とコントラストを発揮します。また、ワイド端での最短撮影距離は0.19mと、パースペクティブを活かした超広角特有の撮影からカジュアルなスナップまで、表現力豊かな描写をお楽しみいただけます。加えて、AF駆動には高速・高精度かつ静粛性に優れたステッピングモーターユニット「RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を搭載しているため、動画撮影にも適しています。

尚、今回発表の3製品については、開発中の製品の為、仕様、外観、性能等はお断りなく変更する場合があります。

まとめ

フィルター径が67mmと言うのは驚きですね。

タムロンさんは最近色々な画角のレンズを出してくれるので嬉しいです。

ただ、17mmスタートと言うのがやはり微妙ですね。

自分が所有しているSEL1635GMがあの軽さで16mmスタートなので、できれば14mmや15mmスタートのf2.8通しレンズがあればいいなと思います。

まあ、今回のタムロンさんのコンセプトは、おそらく標準ズームレンズである28-75mm F/2.8のような小型軽量コストパフォーマンスに優れたレンズでしょうからね。

勿論、建築物や星空の撮影には威力を発揮するでしょうし、これも馬鹿売れでしょうね。

自分の希望としては、SEL1635GMやSEL70200GMをすでに購入してしまったので、今回同時に発表された35-150mmf2.8-4や、35mmf1.4のEマウントバージョンが欲しかったです。

シグマさんのは重いですからね…。

自分は今はタムロンさんから100-400mmクラスのEマウント用レンズが出るのを待ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする