ニコン F3 HPを購入した話!@フィルムカメラの買い方・始め方

シェアする

こんにちは。

フィルムカメラを所有して一年が経過したため、購入した時の話を書こうと思います。

フィルムカメラの買い方・始め方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




フィルムカメラを購入したきっかけ

フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラのα7シリーズを二台も所有する自分が、何故今頃になってフィルムカメラを手にしたのか。そのきっかけをお話します。

最大の理由はフィルム撮影を行いたいからではありません。今は配信が停止されたニコンムービーに、フィルムカメラの F3 HPが登場したからです。重厚でレトロなカメラデザイン、持っていてどこかお洒落でカッコイイ。そんな思いから、フィルムカメラを購入するならF3を購入しようと決めていました。この事が前提で、以下が実際に購入するに至ったきっかけです。

時間は遡り、2018年の1月。職場の友人と仕事終わりに富士五湖へ写真撮影に行きました。

1月中旬に撮影した山梨県の星空スポット、山中湖パノラマ台から撮る星景写真と風景写真を紹介します。氷点下5度を下回る極寒の地でしたが、雲のない満点の冬の星空はまさに絶景でした。

その時に友人が持っていたカメラはα7ⅡにSEL50F18なんですが、当日は故障で持って来ず。その為彼が持参したのは、ミノルタのフィルムカメラとαに装着できるマウントアダプターでした。その時に見せてもらったミノルタのフィルムカメラはどこかレトロで重厚感があり、道具としての魅力が詰まったカメラに見えました。

持たせてもらった第一印象はとにかく重たい。これは所有感が満たされると感じました。そして、実際にマウントアダプターを借りて、ミノルタのオールドレンズをα7Ⅱに装着して写真撮影を行いました。

こちらが、ミノルタのオールドレンズ、50mmf1.4で撮影した山中湖から見た富士山の写真です。何とも言えない古い味わい。周辺減光もたまりません。

そして時間は流れ、2018年の10月上旬になります。この日は長野県にある中央アルプス千畳敷カールと木曽駒ケ岳の登山に行きました。そして驚くことに、彼はまさかのアルプス登山にもフィルムカメラを持って来たのです。

木曽駒ケ岳から千畳敷カールに下山した際も、今度はミノルタで55mmf1.7のオールドレンズを借りて、α7SⅡに装着して写真撮影を行いました。その時の写真がこちら。

二枚目は、世にも珍しいミノルタのオールドレンズで撮影した中央アルプスの星景写真です。

中央アルプス木曽駒ケ岳の登山後は、麓にある温泉に立ち寄りました。温泉で汗を流した後の休憩時の話…。ちょうどスマートフォンを開き、メルカリでニコンのF3を検索していました。ニコンF3はDfのモデルになったんじゃないかと思える素晴らしいデザインで、当時ではフィルムカメラのプロ機と言われていました。その良品が何と22,000円程で出ていたのです。

これを見て、居ても立ってもいられず、その場で即購入しました。



フィルムカメラの買い方・始め方

ここでは、自分がどのようにしてフィルムカメラを購入したのかをまとめて紹介したいと思います。カメラ本体やレンズ、アクセサリー類はそれぞれ別の場所で購入しました。

機種・購入場所・値段(価格)・商品状態!

自分の場合は、ただ漠然とフィルムカメラを始めたいと思った訳ではなく、明確に所有したい機種がニコンのフィルムカメラ F3 HP と決まっていました。逆に言えば、フィルム撮影なんて興味がなく、単純にこのF3と言うカメラを所有したいだけだったのかもしれません。

ただ、これはイレギュラーですね。基本的にフィルムカメラを始める場合は、欲しい機種を決め、中古の相場を調べます。逆に、使いたいレンズから入ってもいいですね。ただ、欲しい機種が決まっても、予算を上回る価格では購入ができないので、まとめサイトなどで、機種と価格相場を一緒に調べるといいですね。自分はフィルムカメラをメインに趣味にしている訳ではないので、おススメの機種は割愛します。ただ、もしF3を持っていなかったら、コンタックスのAriaを買うと思います。

フィルムカメラ選びについて、非常に参考になるブログはこちら

サンライズカメラのスタッフが、知って得する記事を日々更新しています。ぜひご覧ください。

購入したい機種が決まったら、次は購入場所ですね。中古のカメラ店からヤフオクやメルカリなどどこでもいいと思います。ただ、ここで重要になってくるのが値段(価格)と商品状態です。同じ商品でも、状態によって値段が大きく変わりますし、ヤフオクやメルカリでは転売目的で値段相応の商品が手に入らない可能性もあります。

自分は今までヤフオクで多くのカメラ機材を出品・落札してきました。ここでは、落札する際の注意点、転売目的に出品している出品者の見極め方、遭遇した事例などをまとめたいと思います。お得に良質なカメラ機材を入手して、楽しいカメラライフを送りましょう。

ただ、やる事はシンプル。インターネットの中古店・ヤフオクの落札相場・メルカリの購入済み情報等をチェックし、商品状態に対しどのくらいの価格で売れているかをチェックします。その後、自分の予算と商品状態を見ながら、お目当てのカメラを購入するだけです。では、自分が具体的に購入したカメラを紹介していきましょう。

カメラボディ

こちらが自分がメルカリで購入した、ニコン F3 HPです。注意した点は、カビとファインダー内のチリがない事、あとは正常動作する事です。外観に関しては、パッと見て目立つ傷やスレが少なければいい程度で判断しました。それにしても画像引用防止のロゴ、そろそろ変えようかな…。今回は価格は22,000円で購入しました。

レンズ

レンズも同じくメルカリで揃えました。選んだのはシンプルに50mmf1.4のレンズ。これは中古の相場の平均かやや高いくらいでしたが、状態が非常に良さそうなので選びました。到着後、ニコンのサービスセンターで見て貰った際も、非常に状態がいいと言われたので良かったです。これで、カメラボディとレンズセットで34000円程です。事前にまとめサイトで調べたF3 HPのレンズセット相場も三万円台だったので、状態を加味し損はしていないと思います。

ストラップ

フィルムカメラを持ち歩く上でも、勿論カメラストラップは必須です。購入した時期に新宿にあるニコンサービスセンターで、偶然無料でメンテナンスサービスを行っていました。偶然ショールームに売っていたストラップが F3 とマッチし即購入。2980円とやや高めでした。

アクセサリー類

購入したカメラとレンズには、左下のレンズリアキャップを覗き、キャップ類が付属していませんでした。そこで、残り五つのアクセサリーを買い足しました。右上のメタルフードと中央下の丸型アイピースカップは新品で購入し、その他ボディキャップ・レンズ保護フィルター・レンうキャップは中古で揃えました。ここでポイントです。カメラのキタムラの中古買い取りセンターに行くと、何とワゴンで上記の商品が100円とかで売っています。これを利用すると、費用を大幅に削減できます。勿論レンズ保護フィルターも100円です。

ちなみに、F3用の丸型アイピースカップとF3 HP用の丸型アイピースカップは別物です。

フィルム

フィルムに関しては事前に調べるのも面倒だったので、家電量販店などに行った時に一番沢山置いてあるものを適当に選びました。富士フィルムのフジカラー100(iso100)と言うもので、フィルムには100と400と800があるみたいですが、自分は昼間の風景写真で三脚を使って撮るつもりだったので、この100を選んでみました。まだこれしか使った事がないので、フィルムによる写りの違いも良くは分りません。

ニコン F3 HPで撮影した写真をまとめて紹介する記事はこちら

フィルムカメラ Nikon F3 HPを購入して約一年が経ちました。この記事では、フィルムカメラで撮影した写真をまとめて紹介します。



まとめ

自分がフィルムカメラ F3 HPを購入したきっかけ。そして、どのようにしてフィルムカメラとレンズ、その他のアクセサリーを購入したのかをまてめて紹介しました。

購入に関して、フィルムカメラに限らず全てに言える事は、中古のカメラ店で買えばまず商品に失敗がないです。ただご存知の通り、ヤフオクやメルカリの落札相場に比べて、専門店ではやや価格が高くなります。自分はヤフオクやメルカリは日常的にも利用しており、できるだけ安く購入したかったので、今回メルカリでフィルムカメラを購入しました。これからフィルムカメラを始めようと思っている方、購入しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

自分はフィルムカメラの知識や撮影技術に関しては完全に初心者です。デジタル一眼カメラは新しい機種に乗り換えていくのが基本ですが、恐らく今回購入したニコン F3 HPは絶対に手放さず手元に置いておくと思います。


ニコンサービスセンターにメンテナンスに行った時の話や、フィルムカメラを普段どのように持ち出しているかなどのお話も、後々書きたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連サイト

シェアする

フォローする