インスタ映えで人気の東京タワー撮影スポット@芝公園の夜景と並木道

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは、東京タワーが撮影できる人気スポット「芝公園」になります。

前回紹介した「東京タワーの地下駐車場」の撮影後、徒歩で芝公園四号地まで行きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




芝公園の夜景と並木道

今回紹介する東京タワー撮影スポットは「芝公園」内にあります。実はこの場所から撮影した写真は、インターネット等で数年前に拝見した事があり、いつか行きたいと思っていました。

特徴は、芝公園四号地にある街灯並木道に正面に東京タワーが現れます。この街灯と夜にライトアップした東京タワーの夜景が非常に綺麗なのです。また、ドラマのロケ地にもなったそうですが、なんのドラマかまでは興味がないので調べていません。

アクセスについて

・所在地:東京都 港区芝公園 四丁目 8番4号

・電車の場合:都営三田線「御成門」から徒歩1分以内。御成門から東京タワーまで徒歩6分。

ただ、自分の場合都営地下鉄大門→東京タワー下→芝公園四号地の順で撮り歩きました。それはそうですよね。東京タワーの夜景を撮影するのに、一箇所で終わるのは勿体無いです。

※ホームページの地図だと最寄駅が芝公園駅となっており少し分かりづらいですが、都営三田線の御成門から地上に出た目の前が公園です。入口に入ると並木道が目の前です。ご参考に。

港区立芝公園のホームページから正確な情報を収集しましょう。

今回の撮影の経緯

前回の記事と同様。普段は仲のいい職場の友人と遠方へ星空などを撮りに行くのですが、今回は職場の後輩の女の子を撮影に連れて行くと言う目的だった為、定番の東京タワーを選びました。東京タワー下の地下駐車場を第一候補とし、第二候補地に今回の芝公園四号地を選びました。いずれも徒歩圏内で、仕事後の夜に撮影に行けるのは都内在住者の最大のメリットです。

東京タワー下の地下駐車場で撮影した写真はこちらで紹介しているので、是非ご覧下さい。

インスタ映えで世界的に人気な東京タワー撮影スポットを紹介します。場所は、東京タワーに隣接する地下駐車場から見上げる東京タワーです。

芝公園で撮影した東京タワー

ここからは、芝公園の四号地にある街灯並木で撮影した東京タワーの夜景を紹介していきます。今回は単焦点レンズ一本で撮って来ましたよ。

ランドマークライト

α7SⅡ+SEL55F18Z 55mm f11 ss6 iso100

こちらが芝公園四号地の街灯並木から撮影した東京タワーの写真です。想像通りの夜景であり、東京の絶景と言えます。平日だった為、ライトアップはランドマークライト(スタンダードな赤色)でした。

自分は海外旅行や遠方の星空撮影は融通が効くようにズームレンズを使うのですが、最近都内など身近な撮影地では単焦点レンズを使うようになりました。今回も芝公園四号地で圧縮した写真を撮る為に持ち出したのはこの55mmの標準単焦点レンズ一本。街灯並木の最後端で撮る事で、イメージ通りの構図になりました。もうこれで完結です。

α7SⅡ+SEL55F18Z 55mm f11 ss8 iso100

横構図でも撮影してみました。東京タワーは下半分でも大きさが際立って絵になります。また、街灯並木が圧縮されていい感じに写りました。

インフィニティ・ダイヤモンドヴェール

α7SⅡ+SEL55F18Z 55mm f11 ss6 iso100

こちらは二日後の夜に一人で撮影しに来た東京タワーです。インフィニティ・ダイヤモンドヴェールと言う事で、桜色にライトアップされた東京タワーが撮れました。また、小雨だった事で、地面の反射が綺麗でした。雨上がりや小雨の夜景撮影はおすすめです。

α7SⅡ+SEL55F18Z 55mm f11 ss10 iso100

横構図で撮影した一枚。東京タワーの下半分と圧縮された街灯並木がいい感じに写りました。上の赤いランドマークライトと比較しても面白いですね。

ペンライトでお遊び!

iso50でシャッタースピードを30秒にする事で、ペンライトで遊ぶことができました。今回はペンライトは持っていなかったので、携帯電話であるスマートフォンのライトで代用できました。星空撮影地では定番の遊びですが、東京の夜景でもけっこうはまります。

おっと一番左に写っている人は放送事故ですかな(*゚▽゚*)?

東京タワー下にある地下駐車場の階段

最後に紹介する写真は、同じ日に撮影した東京タワー下にある地下駐車場の階段から撮る東京タワーです。この記事の写真はこちらでたっぷりと紹介してありますので、ご覧下さい。

インスタ映えで世界的に人気な東京タワー撮影スポットを紹介します。場所は、東京タワーに隣接する地下駐車場から見上げる東京タワーです。

まとめ

芝公園の四号地にある街灯並木で撮影した東京タワーの夜景、いかがでしたか。

東京都タワー下にある地下駐車場の階段と比較し、人が少なく広かった為、撮影はのんびり行えました。ただ、これだけロケーションがいいので、それなりにカメラマンやデート中のカップルが来る場所となっています。

撮影ポイントについて

自分は55mmの標準単焦点レンズ「SEL55F18Z」だけで撮影に臨みました。その為、撮影する足場は自然と最後端の木の根元になりましたが、もっと広角で撮りたい方は近づいて撮るといいと思います。逆に、これ以上望遠になると、後方には木があるので下がれません。圧縮をかけて一部を切り撮るならいいですが、全体を入れるなら50mmのレンズで大丈夫です。

あとは三脚に乗せ、がっつり絞って縦構図で撮る事です。

混雑状況について

2020年3月の平日で快晴の22時頃。撮影者は自分達以外に一人もいませんでした。

2020年3月の土曜日で小雨の22時半頃。自分より先にひと組のカメラマンがいました。また、土曜日の為か、街灯並木の中間で撮影を行うカップルがちらほらおり、数分間人がはけるまで撮影を中断する必要がありました。ご参考に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




関連サイト

シェアする

フォローする