栃木の星空スポット 奥日光-湯ノ湖の星景写真

シェアする

こんにちは。

7月中旬に栃木県の奥日光へ夏を満喫しに行きました。

二泊三日の奥日光旅行で宿をとったのが、湯ノ湖の奥にある湯元温泉。

ここからは徒歩で湯ノ湖を散策でき、刻々と変わる幻想的な姿を楽しむ事ができました。

今回は、湯ノ湖で撮影した星空の星景写真を紹介します。

天候はベストではなく、雲が多かったですが、快晴とはまた表情が違って良かったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




栃木県奥日光の湯ノ湖について

日光と言えば、東武日光駅からすぐの日光東照宮が有名ですね。

いろは坂を上り華厳の滝や中禅寺湖まで足をのばす方も多いと思います。

中禅寺湖からさらに山奥に行くと、戦場ヶ原があります。

さらに北に行くと湯滝と言う有名な滝があり、この滝の上にある湖が湯ノ湖です。

周囲が奥日光の山々に囲まれている湯ノ湖は、広い中禅寺湖と違い静かで幻想的です。

湯ノ湖で撮影した写真

深夜0時前の湯ノ湖 湯元側の湖畔

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso3200

湯元温泉エリアは湯ノ湖の北側に位置しており、湖畔からは真南を見るかたちとなります。

薄い雲がかかると空が明るくなりますが、斜め左上がりに昇天の川が微かに見えます。

左下に見えるオレンジ色の目立つ光。これが地球に大接近していると言う火星でしょうか。

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso3200

この写真だと、天の川がより分かりやすいですね。薄雲広がる星空も綺麗です。

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso3200

こちらは湯ノ湖の湖畔から北西の方向を撮影した写真。北斗七星と水面を入れてみました。

これくらいの灯りだと、周囲の景色がよく分かりいいですね。

未明3時過ぎの湯ノ湖 湯元側の湖畔

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso3200

未明の3時頃に再び湯ノ湖の湖畔を訪れました。雲は少し減っているように見えます。

そして、0時前は南東の空に見えた火星が、南西の空に移動していました。

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso3200

ブルーアワーへ

α7SⅡ+SEL1635Z 16mm f2.8 ss20 iso2500 中央を1:1にトリミング

近くの木道で西の方向を撮影しました。そらが青く明るくなり、isoを下げて撮影しました。

番外編

朝霧の包まれた湯ノ湖

α7SⅡ+SEL1635Z 18mm f5.6. ss30 iso800

こちらは湯滝側から早朝4時に撮影した写真。気温が下がり、湯ノ湖には霧が立ちます。

夕暮れの湯ノ湖と入道雲

α7SⅡ+SEL1635Z 35mm f8 ss1/200 iso100

まとめ

今回は栃木県奥日光にある湯ノ湖で星景写真を撮影しました。

あいにくの薄曇り空でしたが、7月のこの時期に星空が見られるのは運がいい方でしょう。

また、比較的雲が少ない星空を多く撮ってきたので、こんな星景写真もたまにはいいですね。

アクセスについて

今回は公共交通機関を乗り継いで、奥日光の湯ノ湖や湯元へ行きました。

東武日光駅から路線バスで70分以上かかる山の奥にあります。弾丸で行くのは厳しいですね。

湯ノ湖の周囲は3km程であり、徒歩で一周まわる事ができます。

北側にある湯元の湖畔から撮影するのがメインとなりますが、意外と光害が多いです。

天の川が垂直から西へ傾いた頃、湯滝側から撮影した方が面白いかもしれません。

湯元から湯滝は徒歩で15分~20分で行けたため、何往復もしてしまいました。

周辺環境と撮影ポイントについて

天の川を撮影する場合、ちょうど北側の湖畔から見ると南の空が開けています。

斜めから垂直に天の川が昇るため、構図としてはベストな環境です。

しかし、上にも書きましたが、山々に囲まれていても意外と光害が多いです。

その為か、星空スポットとしてはあまり人気のない場所なのかもしれません。

湯ノ湖に向かって東側にメインの道路が走っています。

つまり、北側の湯元から南の空を撮影する場合、左の山沿いに車のライトが写りこみます。

夜中でも時々車が走っているため、長時間露光では少しやりずらかったです。

湖畔は広い為、三脚は何十台でも並ぶことができます。

ちなみに、7月の三連休の深夜で、撮影者は自分を入れてたったの二人でした。

地面は湖畔なので砂利やゴロ石と言った感じです。比較的平らなので危険ではないでしょう。

基本情報

・住所:〒321-1661 栃木県日光市湯元

・アクセス:東武日光駅から路線バスで70分

自家用車の場合も同様の経路です。いろは坂を上り、中禅寺湖北側を西へ抜けます。

中禅寺湖→竜頭の滝→赤沼(戦場ヶ原)→湯滝→湯ノ湖→湯元と続きます。

日光旅ナビ

奥日光湯元温泉旅館協同組合オフィシャルサイト -周辺観光

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする