東京の桜名所 国立市の大学通り(さくら通り)で桜並木を写真撮影

シェアする

こんにちは。

今回紹介するのは、東京都の中でも都区外にある有名な桜の名所になります。

東京の桜名所 関連記事はこちら↓

★ 東京の 桜名所 を写真撮影 日帰りで定番から穴場スポットを巡る ★

スポンサーリンク
スポンサーリンク




国立市 大学通り(さくら通り)

東京都区外のとある地域周辺で 桜が綺麗な場所はありますか!? と聞くと、人々は口を揃えて言います。

国立市の大学通り(さくら通り)が綺麗だ!

国立市と言えば学園都市として知られており、南口には様々なお店が並んでいます。

自転車屋さんやカフェが多く、バスが沢山行き交うこの街は、まさに学園の街と言う印象。

そんなJR国立市の南口正面には、両側に見事な桜並木の続く大学通り(さくら通り)があります。

そんな魅力溢れる国立市の大学通りを、αで撮影しに行ってきました。

大学通り(さくら通り)の写真

JR国立駅のホームから撮影

国立市大学通りの桜並木を一番綺麗に見られるポイントが、JR国立駅の駅ホームです。

駅ホームの南側は大きなガラス張りになっており、遠くまで見渡せます。

電車が停車するたびに、南側のホームのガラス越しは桜を鑑賞する人で賑わいます。

α7Ⅱ+SEL70200GM 140mm f8 ss1/160 iso125

こちらが国立駅の駅ホームから撮影した大学通り(さくら通り)です。

時計の向こうに広がる桜並木を路線バスが走っていきます。綺麗ですよね。

反対側の歩道橋(陸橋)にて撮影

次は、大学通りを真っ直ぐ歩き、反対側の歩道橋(陸橋)から国立駅の方向を撮影しました。

これ、けっこう歩くので覚悟が必要です。

α7Ⅱ+SEL70200GM 200mm f8 ss1/250 iso200

遠くに国立駅のホームが見えますよね。この歩道橋も桜の花見客で賑わっていました。

大学通り(さくら通り)にて撮影

次は、大学通りを歩きながら撮影した写真を紹介します。

歩きながらの手持ち撮影のため、スナップ写真風になります。

α7Ⅱ+SEL70200GM 70mm f8 ss1/80 iso160

α7Ⅱ+SEL70200GM 100mm f8 ss1/100 iso160

この写真は今回の撮影でもけっこうお気に入りです。信号が赤の方がよかった。。。

α7Ⅱ+SEL70200GM 70mm f8 ss1/80 iso200

まとめ

国立市の大学通り(さくら通り)で撮影する桜並木の写真、いかがだったでしょうか。

この他、赤い車をテーマに桜とのコラボ写真を沢山写真に撮りました。圧縮効果でCM風に写せたため是非紹介したかったのですが、ナンバープレートを消すのが面倒なため…(*゚▽゚*)。

撮影ポイントについて

駅のホームから見た大学通りの桜は素晴らしいです。

自分は夕方に行ったのですが、朝日が差した頃が一番綺麗だと思います。

注意点は、恐らく朝は通勤通学ラッシュのため、周囲に迷惑をかけないように撮影する必要があります。

ちなみに、お昼は南方向を見るかたちになるのでやや逆光になりそうです。

焦点距離に関して、はやりある程度望遠レンズが必要になってきます。

混雑状況について

国立駅のホームは、平日の16時で電車到着時と直後は窓側が人でいっぱいになります。

しかし、少し待てば人がいなくなるので、撮影は比較的容易です。

驚いたのは、反対側の陸橋にも意外と人が多い事です。

大学通り自体は非常に歩きやすく、バンドをやる学生などがいて雰囲気がいいです。

アクセス

JR国立駅南口であり、絶対に迷いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする